神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

次週の礼拝

11月19日(日) 主日礼拝 (10:30-11:45)

宣教題: 「 神の似姿 」
聖書箇所: マルコによる福音書 2章23-28節
説教者: 伊藤聰先生(北山バプテスト教会協力牧師、日本バプテスト連盟医療団協力チャプレン)

 皆さんにとって「神様」は親しい存在でしょうか。それとも、遠く手の届かない聖なる存在でしょうか。やさしく人間味のある存在でしょうか。それとも、畏れ多い峻厳な存在でしょうか。信仰を持つ者にとって「神様」との距離感は、なかなか難しいけれども避けては通れない重要なテーマです。聖書には、「神様」と出会った人々のそれぞれの距離感、それぞれの物語が描かれています。その中でもキリスト教は「神様」との距離感について、イエス・キリストという明確な答えを持った宗教であると言えます。
「苦しい時の神頼み」と言われますが、元気で順調な時には「神様」のことを考えたりしない人も、苦しいときには「神様」を身近に感じたりするものです。それは、見えなくなって初めて目のありがたさを思う、歩けなくなって初めて足のありがたさを思う、というような体験と似ているかもしれません。元気で順調な時にも「神様」は私たちと一緒にいるからです。では、私たちが元気で順調な時「神様」と出会うにはどうしたらよいのでしょうか。
キリスト者は週に一回、日曜日に教会に集って一緒に祈り、共同体として交わりの時を過ごします。「主の日」の「礼拝」と呼ばれているこの習慣を糸口に、神様と人間の距離感、神様と人間の出会いについてご一緒に考えたいと思います。

礼拝の中では、子どもメッセージがあります。当教会の子どもメッセージは、今年は創世記の初めから続けています。今週は、出エジプト記のモーセの物語です。礼拝後、伊藤聰先生を囲んで合同のひろばがあります。どうぞご自由にご参加ください。

お知らせ

11/19「キリストが教える『いのちの尊さ』について」

当教会では、初めてキリスト教会に触れる方々に「なぜ、いま、キリスト教なの?」というテーマでわかりやすくお伝えしています。 まずは、キリスト教が教える『いのちの尊さ』について「神の似姿」というタイトルで伊藤聰先生(北山バプ …

特伝_20171119_はがき表_20171021

平日の集会(月曜ひろば、水曜祈り会、祈祷会)のお誘い

当教会では、日曜日の主日礼拝以外にも集会をしております。 月曜日は、「月曜ひろば」と題して「讃美歌を歌う時間」と「聖書を読む時間」を持っています。2017年度は、旧約聖書「レビ記・民数記」を読んでいます。 毎月第一・第三 …

6/10 ライフ・ラインのつどい 神戸大会

6月10日(土)1:30-3:00pm 当教会を会場に「ライフラインのつどい 神戸大会」が開催されます。 メッセンジャーとして関根弘興先生が宣教され、音楽ゲストとして亀井玲司さんが演奏されます。入場無料です。どなたでもお …

ライフライン神戸大会

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.