神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

2021年6月20日(日)主日礼拝 10:30am~
宣教題:「 良い麦も毒麦も共に生きていけ 」
聖書個所:マタイによる福音書 13章24~30、36~43節
宣教者:西脇慎一牧師
※オンライン(ライブ)礼拝の配信希望者は、当ホームページ「お問い合わせ」フォームからお知らせください。

イエス・キリストの「天の国について」の譬え話第2弾は「毒麦の譬え」でした。「ある人が畑に良い種を蒔きました。ところがそこに敵がやって来て「毒麦の種」を蒔きました。麦も毒麦も大変よく似ています。芽が出て実ったとき、初めて僕は毒麦が蒔かれていることに気づきました。「毒麦を抜いてきましょうか。」ところが主人は「良い麦まで一緒に抜く恐れがある。収穫の時まで待とう。」と言いました。

常識的に考えたら、良い麦に栄養を偏らせるためには毒麦は早く抜いた方が良いと思います。それに毒麦が途中から良い麦に変化するわけではありません。おいしい麦を作るために必要な間引き作業です。それでは、主人はなんで毒麦を抜かずに収穫の時まで待ったのでしょうか。それはこの主人が良い麦だけではなく毒麦も慈しまれたからに他ありません。説明の中でイエスさまは「良い麦は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである」と言いますが、麦は品質変化することはなくても、人は生まれたまま悪い人はいないのです。僕は、毒麦に価値を見出せず引っこ抜こうとしますが、イエスさまが止めたのは、つまり「自分の判断が正しい」という立場で「畑」という世界を見ることは正しいことではない、むしろ、裁きは神の時に自分ではない天使たちに委ね、私たちは自分とは異なる性質の者たちと同じ世界の中で共に悔い改めつつ、生きて行きなさいということではないでしょうか。「耳のある者は聞きなさい。」 【西脇慎一】

2021/6/20週報

お知らせ

2021年6月20日「良い麦も毒麦も共に生きていけ」

〇聖書個所 マタイによる福音書 13章24~30、36~43節 イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて …

2021年6月13日「それでも種蒔き人は種を蒔き続ける」

〇聖書個所 マタイによる福音書 13章1~9、18~23節 その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。イ …

2021年6月6日「さあ、じゃあ証拠を見せてくれ」

〇聖書個所 マタイによる福音書 12章38~50節 すると、何人かの律法学者とファリサイ派の人々がイエスに、「先生、しるしを見せてください」と言った。イエスはお答えになった。「よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲 …

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

 

 初めての礼拝出席に際して

・当教会は観光地の中にあり、毎週のように旅行者などの礼拝参加があります。どなたでもどのような服装でもご自由にお入りいただけます。予約はいりません。

・聖書や讃美歌は当教会の備え付けをご利用いただけます。初めての方には、当日の聖書個所や讃美歌には全てしおりを挟んで貸し出しています。

・礼拝中、献金の時間がありますが、当教会の献金は日々の恵みに感謝して自由意思で献げられる献金です。趣旨に賛同されなければそのままお過ごしください。

・会堂2階には乳児と一緒に礼拝を守れるスペースがあります。幼児のお子さまは、「子どもメッセージ」のあとに別室で教会員による託児の時間があります。ゆっくり礼拝にご参加ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.