神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

2022年8月14日(日)主日礼拝 10:30am~
宣教題:「平和と敵対」
聖書個所:マタイによる福音書 10章 34節~39節
宣教者:西脇慎一牧師
※当教会の礼拝は、教会堂で行っています。初めての方も歓迎しています。どうぞどなたでもお越しください。
オンライン(ライブ)礼拝の配信希望者は、当ホームページ「お問い合わせ」フォームからお知らせください。

イエス・キリストは「わたしが来たのは、地上に平和をもたらすためだと思ってはならない。平和ではなく剣をもたらすために来たのだ。私は敵対させるために来たからである。」と言います。これは「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」と教えられた、平和と愛の象徴のようなイエスさまのイメージとはまったくかけ離れており、およそそぐわない言葉だと思わないでしょうか。聞く人はびっくりしたでしょうが、やはりそこには意図があるのでしょう。イエスさまが剣や敵対を起こしたかと問われれば、そのきっかけにはなったと思います。でもそれは剣(力)を用いて平和を作るということではなく、ユダヤ人から見て「平和」と思われる社会に剣(言葉)を投げこむことでした。その結果、イエスさまを信じる者たちはその社会の中で敵対(抗議)する者となったのです。39節「自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者はかえってそれを得る」。自分のいのちを得たいと思う人は平和を願います。しかし本当の平和はすべての人のいのちが範囲に含まれています。社会の中で「平和ならざる状況」に置かれていた罪人たちを救うため、イエスさまは社会(家族)と敵対したのです。イエスさまは母マリアに対して、「わたしの母とは誰か。だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、私の兄弟、姉妹、母である。」(マタイ12:48-50)と言います。つまり、剣とは「社会通念」を断ち切り「隣人と生きる個人」となるために必要なのです。【西脇慎一週報
2022/8/14週報

お知らせ・宣教原稿

2022年8月14日「平和と敵対」

〇聖書個所 マタイによる福音書 10章34~39節 「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるために来たからである。人をその父に、/娘を …

2022年8月7日「イエス・キリストの御言葉に生きる」

〇聖書個所 詩編133編1節 Ⅱテモテへの手紙 4章1~5節 【都に上る歌。ダビデの詩。】見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。 神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリス …

2022年7月31日「弁護者、真理の霊は言の中に」

〇聖書個所 ヨハネによる福音書 16章7~15節 しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあな …

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

 

 初めての礼拝出席に際して

・当教会は観光地の中にあり、毎週のように旅行者などの礼拝参加があります。どなたでもどのような服装でもご自由にお入りいただけます。予約はいりません。

・聖書や讃美歌は当教会の備え付けをご利用いただけます。初めての方には、当日の聖書個所や讃美歌には全てしおりを挟んで貸し出しています。

・礼拝中、献金の時間がありますが、当教会の献金は日々の恵みに感謝して自由意思で献げられる献金です。趣旨に賛同されなければそのままお過ごしください。

・会堂2階には乳児と一緒に礼拝を守れるスペースがあります。幼児のお子さまは、「子どもメッセージ」のあとに別室で教会員による託児の時間があります。ゆっくり礼拝にご参加ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.