神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

2021年2月28日(日)主日礼拝 10:30am~
宣教題:「 迫害の恐れより心に留めるべきもの 」
聖書個所:マタイによる福音書 10章16~23節
宣教者:西脇慎一牧師
※オンライン(ライブ)礼拝の配信希望者は、当ホームページ「お問い合わせ」フォームからお知らせください。
※緊急事態宣言の再発出(2021年1月13日)の受けての当教会の対応はこちらをご覧ください。

 

迫害を予告されたら、皆さんはどうされるでしょうか。迫害とは抑圧のための暴力的行為ですから、多くの場合その迫害を回避することに努めると思います。自分の身に危険が迫ることが怖いからです。そのためには、しようと思っていたことを中止せざるを得ないこともあるかもしれません。でも、それでは問題の解決には繋がらないでしょう。

そもそも何故私たちがしようとしていることを断念しなければならないのでしょうか。何故、人々は私たちを迫害しようとするのでしょうか。それは、迫害しなければ世の秩序が崩れてしまうと恐れるからでしょう。迫害者もその手段が良くないことはわかっていても、なりふり構わなくなる時に起きるのが「迫害」であるのです。今日でも「言論の自由」を迫害するために起こされたリコール問題が偽造されていたという事件が起こっています。逆に言えば、迫害でもしなければ広がって行ってしまうものがあるのです。迫害は組織的に暗闇で行われます。何故なら明らかにされてはそれ自体やっていけないからです。つまり、迫害の敵は常に「真理」であるのです。

イエス・キリストは「狼の群れ」のような社会に送り出す弟子たちに「蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。」と言います。誰だって迫害されるのは嫌です。でも私たちには迫害されても大事にしたいものがあるのです。それが、私たちに神から与えられた賜物である「個性」であり「自由」であるのではないでしょうか。 【西脇慎一】

2021/2/28週報

お知らせ

2021年2月28日「迫害の恐れより心に留めるべきもの」

〇聖書個所 マタイによる福音書 10章16~23節 「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。人々を警戒しなさい。あなたがたは地方法院に …

2021年2月21日「ふさわしい人とは誰か」

〇聖書個所 マタイによる福音書 10章8~15節 病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。 帯の中に金貨も銀貨も銅貨も入れて行っては …

2021年2月14日「イスラエルの失われた羊の元へ」

〇聖書個所 マタイによる福音書 10章5~15節 イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリア人の町に入ってはならない。むしろ、イスラエルの家の失われた羊のと …

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

 

 初めての礼拝出席に際して

・当教会は観光地の中にあり、毎週のように旅行者などの礼拝参加があります。どなたでもどのような服装でもご自由にお入りいただけます。予約はいりません。

・聖書や讃美歌は当教会の備え付けをご利用いただけます。初めての方には、当日の聖書個所や讃美歌には全てしおりを挟んで貸し出しています。

・礼拝中、献金の時間がありますが、当教会の献金は日々の恵みに感謝して自由意思で献げられる献金です。趣旨に賛同されなければそのままお過ごしください。

・会堂2階には乳児と一緒に礼拝を守れるスペースがあります。幼児のお子さまは、「子どもメッセージ」のあとに別室で教会員による託児の時間があります。ゆっくり礼拝にご参加ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.