神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

12月4日(日) 待降節(アドベント)第二主日礼拝 (10:30-11:45)

宣教題: 「主の平和に守られたヨセフ」
聖書箇所: マタイによる福音書 1章18-25節
説教者: 西脇慎一牧師

今日からクリスマスを待ち望むアドベント(待降節)に入ります。クリスマス(12/25)まで4週間に渡るアドベントは、救い主イエス・キリストの誕生の意味を新たに受け取り直すときであり、まさに私たちのただなかに救い主が与えられることを待ち望むときです。それぞれの礼拝の中で、アドベント・キャンドルに火を灯します。キャンドルにはそれぞれ「希望・平和・喜び・愛」という意味があります。毎週日曜日に一本ずつキャンドル点火を見守る中で、私たちはイエス・キリストの誕生が周りにいた人々にどのような「救いの出来事」であったのか聖書から見てまいりたいと思います。

今日はアドベント(待降節)の第二週です。二本目のアドベント・キャンドルには、「平和」という意味があります。イエス・キリストの誕生は、周りにいた人々にとってどのような「平和」であったのでしょうか

ヨセフにとって、イエス・キリストの誕生の知らせは、「大きな衝撃」と「混乱」をもたらすものでした。何故ならその知らせは、いいなずけのマリアのお腹に新しい生命が与えられたという事実であったからです。ヨセフの戸惑いと葛藤、悩みは、私たちの想像を大きく超えるものであったに違いありません。悩みに悩んだ末、彼は婚約者と与えられた生命を「守るために」去らせようとしますが、実際にはその現実を受け止めることが出来なかったのかもしれません。しかし、神はその悩みの中にいるヨセフと出会ったのです。神との出会いの中で、全ては平和へと変えられて行くのです。

ルカ福音書では、天使はマリアに「子どものこと」について語りますが、マタイ福音書では、天使は一貫してヨセフを配慮しています。そして、目に見えるものだけを信じるのではなく、その背後で働かれている聖霊の業に心を留めるようにと、天使は告げるのです。

私たちの現実に「平和」はあるでしょうか。困難な現実ばかりに目がとまるかもしれません。しかし「神にある平和」とは、激動の中をも最後まで歩み通すことが出来るように、神が伴っていてくださることなのです。

 

礼拝の中で、主の晩餐式が行われます。イエス・キリストの恵みに感謝し、応答する時です。クリスマスの時、その思いを新たに受け取りませんか?

どうぞどなたでもご自由にお越しください。

お知らせ

アドベント・クリスマス礼拝のお知らせ

「「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名は、インマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる。」という意味である。」(マタイによる福音書1章23節) 2016年度の当教会のクリスマスは「イエス・キリス …

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e7%a4%bc%e6%8b%9d2016

2016年11月の予定表

2016年11月の当教会の月間スケジュールです。  

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%a8%e3%80%80%e4%ba%88%e5%ae%9a%e8%a1%a82016-11

11月13日 特別伝道礼拝のお知らせ

特伝チラシ     2016年11月13日には、特別伝道礼拝が行われます。 宣教題:「わたしの魂を揺るがす聖書の言葉」 講師:相浦和生先生(日本基督教団隠退教師) 聖書箇所:ガラテヤの信徒への手紙6章 …

%e7%89%b9%e4%bc%9d%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%8d20161015%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.