神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

8月19日(日) 主日礼拝 (10:30-11:45)

宣教題: 「 神は『あなたの救い』を願っている。 」
聖書箇所: イザヤ書 52章1~10節
説教者: 西脇慎一牧師

長崎バプテスト教会の会堂入り口には「ここは、『あなた』の教会です。」と書かれた看板があります。教会が自分とは関係ない場所と思っている通行人にとっては「おっ?わたしの教会ってどういうこと?」と思わせる言葉です。同じように、聖書の御言葉も『あなた』に語られている言葉です。聖書には名言や格言のように万人に通用する言葉もありますが、実は、その言葉は単体で存在するものではありません。実に聖書の言葉は、「関係性の言葉」であり「私たちに常に語り掛ける言葉」であるのです。今日は、聖書が『あなたの救い』を願っている神の言葉であることを受け止めたいと思います。

旧約聖書は「人類の罪の歴史である」と言われることがあります。確かにアブラハムもヤコブも「義」と認められた割には、その行いは褒められたものではありません。その子孫イスラエルはついにバビロン捕囚という滅亡に至ります。しかし、常に神は忍耐と憐れみをもって彼らに語り掛けます。それは、神が彼らの救いを願っているからに他ならないのです。

それでは、救いとは何でしょうか。救いとは恐らく定義があるものではありません。一般的に「〇〇からの救い」と言うように、私たち自身が「救われた状態を実感すること」でしょう。私たちは、救いもないような抑圧された環境で無感覚に生きることがあります。しかし、神は「あなた」のいのちと存在がどれほど大切なものであるかを語り続けるのです。(西脇慎一)

 

お知らせ

6月10日 主日礼拝(戸川幸子先生)&永眠者記念堂献堂35周年記念感謝礼拝

2018年6月10日の主日礼拝は、戸川幸子先生(鳥取バプテスト教会協力牧師)をお招きして礼拝を守ります。戸川幸子先生は、当教会四代目牧師の戸川隆先生のお連れ合いとして、23年間当教会でご奉仕くださいました。久しぶりにお会 …

4/29 キリスト教が教える「あなたの価値」

当教会では、「今、何故キリスト教なのか?」というテーマで年に数回の礼拝を守ります。 4月29日(日)は、「あなたの価値」という題で、石黒義信先生(千葉英和高等学校宗務長、総合企画室長)をお招きし、礼拝を守ります。 特に様 …

受難節の主日礼拝とイースター礼拝

キリスト教会では、イースター(復活日)の前の40日を受難節(レント)として守ります。 イエス・キリストが受難に遭われるまでに私たちへの情熱的な愛を貫いてくださった。このパッションを改めて受け止めて、神に与えられたいのちを …

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.