神戸バプテスト教会 神戸市中央区 北野坂の異人館通りにあるキリスト教会です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次週の礼拝

11月18日(日) 主日礼拝 (10:30-11:45)

宣教題: 「 私たちが夢見る世界 」
聖書箇所: ルカによる福音書 19編1~10節
説教者: 朴思郁先生(西川口教会協力牧師、日本バプテスト連盟宣教研究所所長)

 「イエスの眼差しをもって」
ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェ(1844-1900)は、数々の名言の中、「あると思えば見える」という寸鉄人を刺す警句を残しました。物事の捉え方はすべての人に一律ではなく、それぞれの見方や固定観念に左右されるという意味です。それ故にある人には見えるものが、ある人には見えないことがあるのです。要するに、私たちはどのような観点を持って生きているかを問いかけられていると思われます。
聖書は、背の低いザアカイは大勢の人々に遮られ、イエスの姿を見ることができなかったため、窮余の一策としていちじく桑の木に登らざるを得なかったと言います。そして大勢の人々が彼の存在に気づいていない中、イエスは目を上げて「ザアカイ、降りてきてください」と彼を招かれたというのです。果たしてイエスと大勢の群衆との違いは何だったのでしょうか。
イエスの時代に徴税業務の責任者として金持ちでもあるザアカイは、その社会の中では「存在する非存在」でした。つまりザアカイはその社会に生きていても、人々は彼を無視して、あたかも存在していないかのように扱っていたのです。しかしイエスは「存在する非存在」であるザアカイの存在をありのまま受け止めて、彼を招かれたのです。「イエスの眼差しをもって」自分の周辺を見渡すとき、これまで見えてこなかった「存在する非存在」がどれほど見えてくるのかを試みてはいかがでしょうか。西脇慎一)

礼拝の中で子どもメッセージがあり、礼拝後には先生を囲んで「合同のひろば」があります。どうぞどなたでもご出席ください。

西日本豪雨、台風21号、台風24号、台風25号(今週)、北海道胆振東部地震で被害に遭われた方々を覚え、お祈りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018年11月11日 主日礼拝の生花】

 

お知らせ

11/18 キリストが教える「わたしたちの夢見る世界」

当教会では、「今、なぜキリスト教なのか」ということを共に考える礼拝を守ります。 今年度は11月18日に朴思郁先生(日本バプテスト連盟宣教研究所所長)をお招きして、「わたしたちの夢見る世界」というテーマで礼拝を守ります。 …

【再掲】9/23 社会委員会講演会2018「関西の子どもの貧困 その現状と支援活動」

当教会の社会委員会では、年に一度講演会を開催しています。 2018年度は9月23日(日)13:00-15:00に石田賀奈子先生をお招きして「関西の子どもの貧困 その現状と支援活動」と題して講演を伺います。 日本の子どもの …

6月10日 主日礼拝(戸川幸子先生)&永眠者記念堂献堂35周年記念感謝礼拝

2018年6月10日の主日礼拝は、戸川幸子先生(鳥取バプテスト教会協力牧師)をお招きして礼拝を守ります。戸川幸子先生は、当教会四代目牧師の戸川隆先生のお連れ合いとして、23年間当教会でご奉仕くださいました。久しぶりにお会 …

アクセス

アクセス

電車をご利用の方 ・・・ JR・阪急・阪神の三ノ宮駅を北へ北野坂を歩いて10分程度です。

お車でお越しの方は ・・・ 日曜は園庭も駐車場として利用しています。全体で15台程度の車が駐車できます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.