〇聖書個所 ルカ福音書 10章30~37節

「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

 

〇宣教「サマリア人の隣人になった宿屋の主人 ~共感と協力~」

今日の聖書個所は、聖書の中で一番有名なイエス・キリストの譬え話「善きサマリア人の譬え」であり、キリスト教の「隣人愛」の本質を示す箇所でもあります。皆さんはもうすでに何度もこの箇所を読んだことがあると思いますし、この箇所からメッセージを聞いたことがあると思います。わたしもこの箇所を何度も繰り返し読んできましたし、礼拝の中で何度もメッセージを語らせていただきました。そのたびに違う気づきが与えられるわけですが、共通して感じることは善きサマリア人になるのはとても難しいということです。皆さんはどうでしょうか。イエス・キリストはこの譬え話の最後に「行ってあなたも同じようにしなさい。」と私たちを招いています。そうであれば、私たちはこの善きサマリア人のように生きているのでしょうか。残念ながら、必ずしもそうではないと思います。いやむしろ、できていない現実というものを突き付けられるのではないかと思います。私はそうです。読むたびに苦しくなります。招きに従えていない自分を感じるからです。でも実は今日私はこの箇所を読み直したときに、イエスさまが招いているのは「このサマリア人のようになりなさい」ということではなく、律法の専門家が言ったように「その人を助けた人」、つまりサマリア人のようにではなくても、自分にできる人助けをして隣人になること、そのような招きとして読むことが大切なのではないかと思ったのです。

譬え話を改めて読んでいきましょう。ある人がエルサレムからエリコに降っていく途中追いはぎに襲われた。彼は半殺しの目に遭い、持ち物を奪い去られた挙句、そこに放置されました。ところがそこに祭司とレビ人、そしてサマリア人が通りかかりました。祭司とレビ人は通り過ぎていってしまったけれど、サマリア人は旅の途中であるにも関わらず、その人を見て憐れに思い、介抱して、宿屋に連れて行った。そして自分は旅に出ていくけれど費用がもっと掛かったら帰りがけに払うと言い残して出かけていく。この物語の後、誰がこの人の隣人になったかと聞く流れになっています。

まずある人が登場します。その人は何者かわかりません。便宜上男性形の言葉ですが、「人、人間」という単語が用いられていますので民族も性別も年齢も宗教も住所も明確ではなく、素性がはっきりしない人物です。そんな「ある人」が追いはぎに襲われます。これは「ある人」が何か悪いことをした理由もなく、突然犯罪の被害に遭ったということです。彼は殴りつけられ半殺しの目に遭いました。恐らく服だけではなく身ぐるみをはがされ、持ち物を全て奪い去られたのでしょう。半殺しというと私たちは酷くやられているけれど生きている状態を想像しますが、これは半死半生、生きているか死んでいるかわからないほどの重症、もうそのままにしていけばやがて死にゆく状態、いわば救急救命が必要な状況であったわけです。追いはぎにとってはまさにこの人が誰であるかがわからないから、または生きていても死んでいても構わない相手であったからそのようなことをしたのでしょう。そして彼のいのちはそこに捨て置かれました。

そこに祭司とレビ人がやってきます。これは譬え話ですが、彼らは共に神に仕える人でしたから当然その人を助けることが期待されている人々として登場しています。ところが彼らはその人を見たにも関わらず、その上で道の反対側を通っていってしまいました。先ほども言いましたが、その人は助けが必要な状態です。そのままにしておくとやがて死んでしまう命です。でも、祭司とレビ人はそれぞれその倒れている人を見て、道の反対側、つまり見て見ぬふりをしていってしまったのです。なぜ彼らはその人を助けなかったのでしょうか。彼らには色々な理由があったと思います。例えば宗教者として大切にしていた教えに、「血に触れてはならない」というものがあるから、助けることができなかったのではないかということ。或いは他に大切な約束があったのだということ。或いは自分とは違う民族であったから自分には関係ないと思ったとか、色々な理由は考えられます。こう思うことは、実は私たちが日々そういう人と出会っているときに考えることとほぼ同じだと思います。それは、何かの事情があるから自分にはできないという理由付けです。

もちろんかわいそうには思います。でも本音で言えば、関わると面倒なことになりそうだ。何か事情があったのかもしれない。でも、自分には力もないし、何もできない。誰か他の適切な人がきっと助けてくれるだろう。そう、まさに私たちもまた目の前に困っている人がいた時にも、祭司がやってくれるさ、レビ人がやってくれるさと考え、或いは見ないようにして行ってしまうのです。でも、それは直接手を下さないにしてもやはり命を見過ごしにする、関係ないという意味において追いはぎと変わらないのかもしれません。

イエスさまが譬え話の中でサマリア人を登場させたのは、そんな私たちのためであったと思います。サマリア人とは、ユダヤ人たちとは色々ないきさつがあって仲が悪い間柄として描かれています。しかしそんなサマリア人が、誰かもわからない、どんな理由があったかもわからないこの人を憐れに思って、これはまさに自分自身の事柄として思わざるをいられないような中で、心動かされて関わっていくのです。もちろん、彼にもまた関わらないでいられる明確な理由がありました。彼は旅の途中でした。また恐らく早く行きたい理由もあったのでしょう。旅の途中だから適切なケアができない。責任を持てないということもあったと思います。費用の問題もあります。旅の途中ですしそれこそ強盗に遭う危険性もあったことですから決して十分なお金を持っていたわけではないと思います。しかし彼はそのお金を使ってでもその人を助けようとしたのです。しかもその人がしっかりと解放を受けられるように道筋を立てて言っています。これは彼を助けただけではなく、彼のその後のことも全てケアしたと言えるでしょう。いや、お見事と言うほかありません。

ですから私はこの箇所から、イエスさまが私たちに教える「隣人愛」、隣人になるということは、誰が隣人かどうかということではなく何者であっても構わないということ。あなたが心を動かされて出会っていく人が隣人になるのであるということを受け止めてきましたし、またそのように隣人を愛していくことの中に永遠のいのちを得られると考えてきました。つまり正しさの中に永遠のいのちがあるのではなく、関係の中で得られるものだということです。そして「行って、あなたもの同じようにしなさい」と言う言葉の通り、私もそういう風になりたいと思いましたし、そのようになることをイエスさまは願っているのだと思いました。これまでは。

しかし、実際にはそこまではハードルが高く、できない自分がいるのです。みんなにこのようにしなさいと教えているのでしょうか。もちろん、それができればこしたことはないわけです。でも、実際にはできていません。難しい。どうしたらよいのだろう。そのようなことを考えながら、今回この話を読んでいたのですが、私は改めてあることに気付きました。それは、実際的なケアはこのサマリア人はしていないということです。私はこれまで、サマリア人が彼に関わることすべてを行っていると思っていました。だからこそ難しいと思っていたのですが、実はこのサマリア人は最初の出会いとつなぎしかしていないのです。実際にこの人のケアをしたのは、宿屋の主人であるということです。もちろん、宿屋の主人は、恐らくこのサマリア人がこの人を連れてきた時、びっくりしたことでしょう。「どうしたんですか?誰ですか?」から始まり、恐らく「え、あなたの知り合いじゃないんですか?じゃあこの人誰ですか?え、あなたこれからこの人を置いて旅に出かけてしまうのですか?え、じゃあこの人を誰が見るのですか?え、私ですか?どうしたらよいのですか?」そんな思いが湧いて出てきたのではないかと思います。けが人がいたとして、万が一のことを考えたら、簡単に引き受けることなんてできません。家族や保護者に連絡できなければ引き受けられない。もしそれでもここに置いていくなら、あなたもまたここにいてくださいよ、という声が今ならば出ることでしょう。

でもこのサマリア人は旅立ってしまいました。宿屋の主人はどう思ったでしょうか。私はこの宿屋の主人はサマリア人がいなくなった後も彼のことを介抱し続けたのだと思うのです。それは何故か、それはそのサマリア人の思いに彼が心動かされることがあったからだと思います。もちろん、それは聖書には書かれていません。でも、相手への無償の愛、出会ってしまった以上せずにはいられない関り、アガペという愛に彼は動かされたのではないかと思うのです。ですが、もちろんサマリア人の関わり方と宿屋の主人の関わり方は違います。サマリア人は自分の財布から相手のために費用を支払いました。これは無条件の愛です。でも宿屋は条件付きの愛です。彼は言い換えれば一つのビジネスの中で関わっています。でもこれは言い換えると自分の生活のただ中で、自分にできることとして彼に関わっていったということです。もし仮に宿屋の主人がサマリア人と同じように、道で半殺しになっていたその人を助けることができたかと問われるならば、決してそうではなかったと思います。でも、ここには働きの違いというか、役割分担と言うか、その人の思いを汲み、自分も関わっていくというそのような思いが生まれていると思うのです。言い換えれば連携というか、チームワーク、チームとしてできることをできる人がしていく、その人の思いに心を寄せていく、しかし無理なく関わる。これが一つの「善きサマリア人」の働きと言うか、むしろこの宿屋の主人の存在、また協力が無ければ「善きサマリア人の譬え」は、成り立たないのではないかと思うのです。

それでは私たちがこの宿屋の主人であったとしたら、私たちはこの人をどう介抱するでしょうか。今の医療現場のことで考えると、主人は医者を呼ぶと思います。入院施設は必要ないかもしれませんが、定期的な看護が必要になります。骨が折れていたらリハビリも必要になることでしょう。食事も配慮が必要だったかもしれません。荷物を全て取られてしまったのであれば、荷物を取り戻す役割、或いはその後の経済的な支援も必要かもしれません。その人が再び歩み出していくためには関わる人が色々と必要なのです。でも、私は共感と協力という文脈の中で考えると、この宿屋は自分ですべてを引き受けたのではなく、その人のための支え手というものを呼びかけて行っていったと受け止めたいと思うのです。

私たちが「隣人になること」を躊躇するのは、サマリア人が一人ですべてを行ったと思うからこそ、ハードルが高く、誰もできないことになってしまうのではないでしょうか。宿屋も同様です。しかし、そうではないのです。すべてのことを一人ですることはできません。このサマリア人は初めの関わりを作っただけです。大切なのはその関わりを一人一人の無理のない範囲で、どのように引き継いでいくかということです。それは、私たちが一人一人与えられた出会いの中でその思いに応えていくことです。それこそ、イエスさまが「誰がその人の隣人になったと思うか」と問うた時に、律法学者が答えた「その人を助けた人です。」の本当の意味、これは良きサマリア人のことを指すのではなく、彼を助けるためにかかわったすべての人を意味しているのではないでしょうか。だからイエスさまもまた「サマリア人のようになりなさい」ではなく、「行って、あなたも同じようにしなさい。」という結論に繋がっていったのだと思うのです。

この譬え話はやはりすごいと思います。やはり私たちにそれぞれのかたちで「隣人になっていくように」招いているからです。私たちは、関わることに憶病になります。誰か他の立派な人がやったほうが良いと思います。祭司やレビ人がやればよいと思います。しかしイエスさまは、私たちにいわば、チーム「善きサマリア人」になりなさいと、招いておられるのではないでしょうか。

新年に入り神戸教会は伝道開始72年目の歩みに入ります。教会堂が献堂されたから70周年です。シェラー宣教師から始まった私たちの教会の働きは、当初は特別なリーダーシップによって導かれてきたと思います。しかし、大切で残り続けるものは、チーム「神戸教会」であり、今この教会に連なる私たちです。私たち一人一人には違いがありますが、それは分裂や仲違いを産むためではなく、寛容さであり豊かさです。ここに出会いが与えられています。そして私たち一人一人が異なるものだからこそ、それぞれの人を受け止めてそして共に祈り合い、進んでいくことができるのだと思うのです。

この善きサマリア人の譬えは、ある律法の専門家が「永遠の命を受け継ぐためにはどうしたらよいか」と問いかけることから始まっています。そして「隣人愛」を実行することから始まっていくとイエスさまは答えます。それは相手に出会いまさに共に生きていくことを選ぶことから始まります。それは私たちの祈りによって結ばれるものです。新年が始まっても、お一人一人様々な状況があります。しかし、私たちは独りではありません。イエスさまが共におられます。そしてこの交わりのただ中に永遠の命が生まれることを共に受け止めて、歩んでまいりましょう。