〇聖書個所 マタイ福音書 20章1~16節

「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

 

〇宣教「わたしの恵みはあなたのものだ ~不公平にみえる神の公正~」

イエス・キリストはたびたび譬え話を用いて「天の国とは次のようなものだ」と語ります。今日は「ぶどう園の労働者」という譬え話から「天の国」とはいったいどのようなところかを考えていきましょう。

この譬え話の内容はいたってシンプルです。ざっくり要約してしまえば、あるぶどう園の主人がひろばに出かけ、仕事を求めている労働者を雇い、ぶどう園で働かせ、仕事が終わった後に労働者たちに賃金を支払うというお話です。イエスさまがよく「ぶどう」というモチーフを使うように、ぶどうはイスラエルの特産品の一つでしたから、恐らく村々にはぶどう畑があちらこちらにあり、そこで働く労働者なんてそこら中にたくさんいたはずです。ですからこれは民衆にとっていたって身近な普通のお話であったと思います。ところがこの中で、二つだけひっかかりを感じるポイントがあります。そのひっかかる部分に恐らくこの譬え話でイエスさまが伝えたいと思っていることがあるのでしょう。

そのポイントのまず一つ目は、主人が朝早くだけでなく度々、ひろばに労働者を雇いに出かけていることです。たくさんの労働者が必要だった状況はわかります。恐らくぶどうの収穫時期だったのでしょう。しかしそうであれば、何故必要な人数を朝早くに確保しなかったのでしょうか。何故彼はたびたび、終業時刻に近い夕方にも労働者を雇いに出かけているのでしょうか。なるほど現在であれば、夜中でも大きな照明を使えば労働が可能でしょう。24時間で収穫するつもりだったとすれば理解できます。でもそうではありませんでした。主人は終業時間をきっちり守っており、夕方に雇われた労働者たちもその終業時間で働きを終えています。そして主人は監督に命じて一デナリオンを彼らに渡すのです。ぶどうの収穫と言えば、私はやったことはありませんが、農作業ですからやはり重労働だと思います。でも、時間きっちり残業無し、賃金は即日手渡しということで、まるでホワイト企業の鏡であるように思います。

ところが、です。二つ目のポイントですが、この主人は朝早くから働き始めた労働者からではなく、最後に来た労働者から賃金を支払いました。朝早くから働き始めた労働者は、恐らく体は疲れてくたくただったでしょうから、自分たちから賃金を受け取って早く帰りたかったのではないかと思います。早くもらえないだろうか。まだかなーと思っていたなんとその時、彼らは見てしまったのです。夕方からしか働いていない労働者が一デナリオンもらっているのを見て彼らはびっくりしたと思います。そして恐らく心の中で喜んだことでしょう。「あいつら、1時間くらいしか働いていないのに、1デナリオンもらっている。あれ、もしかして約束していた1デナリオンって実は日当じゃなくて時給だったんだっけ。そういうことなら朝早くから暑い日中も汗をかきながら働いた私には、8時間分、8デナリオン、いやもっともらえるかもしれない。いやぁ、なんてラッキーなのだ。」このような期待をするのは恐らく私だけではないでしょう。彼らはワクワクしながら賃金を受け取る時を待っていたと想像するのです。

ところが、「はい。ご苦労様。これが今日の賃金だよ。ありがとう。」と言って監督から手渡されたお金は1デナリオンでした。確かに一日1デナリオンの約束でした。でも、その時、やっぱり恵みは不満に早変わりしたと思います。「私たちはたった1デナリオンぽっちしかもらえないのですか。何でですか。あいつら、全然働いてないじゃないですか。それなのに1デナリオンももらってますよ。私、朝早くから汗水たらして働いたんですよ。いっぱい働いたんですよ。収穫したブドウの数なんて彼らと比べ物になりませんよ。それなのに、なんで彼らと一緒なんですか。不公平じゃないですか!」彼らは不満を爆発させます。私は彼らの気持ちは大変よくわかります。賃金は労働という時間に対する見返り、或いは成果に対しての報酬であります。でも、それに対して例外が適応されてしまうのを見てしまうと、どうしても不公平に思うものです。いい気持ちはしません。私たちも1時間当たり1デナリオンか1日当たり1デナリオンのどちらが良いかと考えると、やっぱり1時間1デナリオンの方が良いと考えるのではないでしょうか。それが自然です。ですから朝早く働きだした労働者は、確かに不公平さを感じたわけです。恐らくこのイエスさまの譬え話を聞いた当時の人々も同じように考えたことでしょう。何故イエスさまは譬え話の中でこの主人を不公平のようにしたのでしょうか。恐らく、ここにイエスさまが語りたいポイントがあるのでしょう。

二つ目のポイントの中で、疑問に思うことは、何故主人は先に働きだした労働者たちから支払わなかったのかということです。あとから働いた労働者に同じようにしてあげたい気持ちがあることはわかります。でも、それであれば、先に働いた労働者に支払い、順次帰していれば彼らは不公平に思うこともなく、何の問題もなかったことでしょう。でも、この主人は何故かそうしなかったのです。

後から働いた人々に先に支払った理由は想像できます。それは彼らの方が賃金を早急に必要としていたからであります。彼らは朝早くからひろばにいたにも関わらず夕方になるまで誰にも声をかけられないまま過ごしていました。それは仕事を求めていたのに与えられなかったということです。そしてそれは恐らく彼らにとってその日一日だけのことではなかったのだろうと思います。ですから、彼らは持ち合わせもあまりなかった。恐らくお腹もペコペコ、力も失っていた。一刻も早く賃金をあげてお腹いっぱい食べさせてあげたいと思ったのでしょう。それに対して朝早くから働いていた人々と言うのは、朝から働くことができた健康な体を持つ人であり、その日だけではなく、仕事をしっかりすることができていた、お腹はすいていると思うけれど、それは一時的なこと。日銭に困ることはなかったわけです。だから、主人は、後から来た人に先に賃金を渡したのだと思うのです。でも、そのお金を裸で渡すことはなかったと思います。でももしかして、その主人の姿を朝から働いた人たちに見せることが狙いであったのかもしれません。そしてそれはつまりこのお話を聞く私たちがこの主人の思いを考えることがこの譬え話の目的であるということです。

朝早くから働いた労働者の声は、私たちの生きている社会の思考そのものであると思います。それは、より多く働いたものがより多くの賃金を得ることが当然であるという社会であります。能力主義、成果主義、あるいは資本主義として考えると、私はあの人たちより長時間働いた。私はあの人たちより成果を上げた。だから私はあの人たちより多い報酬を受けて当然だという考え方になります。そのように考えると、神がこの後から来た人たちに同じようにしたいと思うのは、納得できないし我慢できないのです。不公平だと思います。だって、その分自分は頑張ってきているからです。自分は時間をかけて努力してきたのだ。だから、頑張っていないように見える人たちにきつく当たってしまいますし、そうなっているのは自己責任だと言いたくなります。だから、その人たちが神の恵みを受けることを妬んでしまうのです。私たちもまたそういう風に思うことはないでしょうか。それはある意味私たちがこの社会の構造の中で生きているからなのです。

ところが、この主人はそのように不平不満を言う人々にこう言うのです。「わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。」これは、どういう意味なのでしょうか。「私のお金なんだから私がどう使ったっていいだろう。あなたには関係ない。」と突き放す言葉に聞こえます。こう言われてはぐうの音も出ませんが、この言葉では納得できませんし、慰めも感じることができません。

でも、実はこの主人の言葉の中で、一か所、彼らにとっても慰めに響く言葉があると思います。それは「わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。」と言う言葉です。つまり、この世界は私が創造したものであり、あなたの考え方が当たり前なのではない。全てはわたしのぶどう園で起きている出来事なのだ。あなたも私が雇った一人なのであり、あなたも私の恵みの内にあるのだ。だから妬む必要はない。わたしの恵みはあなたに十分だ。そしてわたしの恵みがあなたに及んでいるように、わたしは他の人にも与えたいのだということです。これがこの世の価値観に対するイエスさまの神の国の視点です。

この主人が労働者たちを雇った理由は何でしょうか。新共同訳聖書には、「ぶどう園で働く労働者を雇うために」と書かれています。でも実はここには直訳すると「ぶどう園に入っていく労働者たちを雇う」と言う言葉であり、働かせるという言葉はありません。もしかして、この主人は「労働者たちに働かせて収穫させて、利益を上げるために雇った」のではなく、ただ単純に「彼らを雇うためにひろばに出かけて行った」のではないかと思うのです。むしろ、夕方近くになるまでたびたび広場に行って労働者たちを雇ったことを考えると、それは労働力を期待していたのではなく、「彼らの雇用を守ることが主人の目的であった」という印象を受けるのです。彼らを全て自分のぶどう園に来させて彼らのために賃金を支払うことがこの主人が気前よく行いたいと考えていたことであったのです。

それでは、この主人が言おうとしていることは、働くことなんて必要ない、能力なんて必要ない、共に生きる為にみんな一律の神の恵みの中で生きよう。つまり一種の共産主義のような思想が神の国だと言っているのでしょうか。でも、私にはそのようにも思えません。共産主義は平等を追求する一方で個人の自由や意志を損なうことがあるからです。またそれは、朝早くから頑張った人々への配慮には繋がりません。先日、ある企業が非正規雇用の方々の待遇改善を検討した結果、非正規雇用の待遇をよくするのではなく、正社員の休日を減らすことで格差をなくし同一労働同一賃金に近づけようとしているという驚くべきニュースがありました。これは平等に近づいたように思えますが、誰も喜べる状況を造り出していないのではないかと思います。平等も大切ですが、より大切なのはそこに生きている人々の思いを汲み、それに応えることです。

そう大切なのは、ここにいるすべての人が生きていこうとしていることであり、イエスさまはその思いに応えようとされたということなのです。遅くから働きに来た労働者はずっと休んでいたわけではありません。怠けていたわけでもありません。仕事を探し求めていたのです。イエスさまはその人々の思いを顧みられたのです。確かに朝早くから働いていた人には不公平に見えるかもしれません。しかしそれは、朝早くから来た人の頑張りを無にすることにはなりません。何故ならば彼らには既に居場所があったのです。ですからこれは不公平なことではなく、公正という判断です。公正とは偏りをなくすために、すべての人に必要な分、恵みと機会をお与えになるということであります。

もしイエスさまが彼らの思いを顧みることがなければ、彼らは飢えて死んでしまうより他なかったでしょう。希望を失うからです。或いは自暴自棄になり幸せそうに見える他の人を巻き込んで自分も死ぬということになってしまうのではないかと思うのです。しかしそうではいけないと、イエスさまは私たちの生きている社会に希望を示しているのです。それはこの私はあなたを見ているという希望です。あなたは一人ではないということです。そして私はあなたの命を守るために、あなたの尊厳を守るために、あなたの生活を守るために、あなたに希望を与えるために、あなたを私のぶどう園に招いたのだと言うのです。そのぶどう畑は、復活でありよみがえりの場であるのです。

イエス・キリストがこの譬え話で伝えたい神の国とは、一人一人それぞれ異なる状況にいる人の思いに心を寄せる主人がいるということによって共に生かされている交わりに他ならないのではないかと思います。そのぶどう園には色々な人がいます。朝早く来た現役バリバリの方も、ちょっと疲れていたために昼くらいから参加した人も、病気や高齢や色々な理由を抱えていたかもしれない人もいました。もしかしてその中には、以前はバリバリ働いていたけど、もうそういうことができなくなってしまったという人もいたと思います。しかし神はそんな私たちに声をかけてくださるのです。雇用とはその人の生活を支えるだけではなく、そのひとのいのちを顧みることであります。「人はパンだけで生きるものではない、神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」イエスさまはそのいのちを顧みるために私たちに今日も声をかけてくださるのです。だから私たちには希望があるのです。私たちは共に神の恵みの中で生かされている存在であります。この交わりこそが天の国であるのです。このことに共に感謝して祈りを捧げて参りましょう。