〇聖書個所 ルカ福音書 10章38~42節

一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

 

〇宣教「必要なことはただ一つだけ?礼拝と奉仕」

今日の聖書個所は先週の善きサマリア人の譬えの引き続きの箇所であり、「マルタとマリア」という二人の姉妹がイエス・キリストに出会った時のお話です。どうしてこの二人のお話が「礼拝と奉仕」というテーマになるのかと言うと、それはこの二人のイエス・キリストへ向き合い方が、まるで教会の中で神に献げられる礼拝と奉仕の在り様に似ていると思うからです。そしてイエス・キリストは「必要なことはただ一つである。そしてマリアは良い方を選んだ。」と言っています。

マリアがしていたことはイエスさまの足元に座ってその話に聞き入ることでした。イエスさまの言葉に耳を聞くということですから、それは礼拝です。それに対してマルタがしていたことはイエスさまたちをもてなすこと、つまり奉仕することでした。もてなしと奉仕は同じ言葉です。それでは「マリアは良い方を選んだ」ということであれば、イエスさまは、礼拝がなによりも大切だと言いたいのでしょうか。もちろん、それはよくわかることですし、この箇所からよく語られることは、御言葉に聞くことが最も大切なことであるということです。でも果たして本当にそうなのでしょうか。もしそういう意味であれば、イエスさまはマルタに対しては「あなたが選んだ方は残念ながらよくなかったね。」あるいは「あなたも奉仕なんてしなくていいからこっちに座ってマリアと同じようにイエスさまの声に耳を傾けなさい」と言っているのでしょうか。そうだとしたら、ここにはマルタへの配慮というものは一切感じられません。それどころか、これは冷たく響きます。果たしてイエスさまが言おうとしていることは、本当に奉仕よりも礼拝が大事だということなのでしょうか。

改めて物語を読んでいきましょう。イエスさま一行はある村にお入りになりました。そこにマルタとマリアが住んでいました。その村はベタニア村と言い、その名前には「貧しい者の家」という意味があります。この村はエルサレムから3キロほど東にあるオリブ山のふもとにあった村で、恐らくはイスラエルの中心であるエルサレムから見たら貧民街(スラム)に当たる場所であったと思います。そしてその家にはマルタとマリアの他にラザロという兄弟がいました。ラザロは今日の箇所では登場しませんが、ヨハネ11章では病気にかかって亡くなってしまうけれど、イエスさまに甦らされたことで有名です。その箇所にもこのマルタとマリアの人物像が伺い知れるエピソードがありますが、これらの話で見える人物像をざっくりと言えば、姉のマルタは自分の気持ちは置いて家の切り盛りをする頑張り屋さん。妹のマリアは静かに自分の心のままに行動するタイプであったように思います。

今日の箇所でもイエスさま一行を迎え入れたマルタは、一行をもてなすために忙しく立ち回っています。方やマリアはそんなマルタなんて気に留めようともせずイエスさまの足元に座りその話に聞き入っていました。そんなマリアに対して我慢がならなかったのが姉のマルタでした。彼女は言います。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」

マリアがしていたことは、言い換えればイエスさまと言う主賓の相手をしていたということでもあります。しかしマルタは自分ばかり忙しくしているように感じ、のうのうと座っているかのように見えるマリアに対して腹を立てているように思えます。もちろんその理由の一つにはマルタにもイエスさまのそばに座って話を聞きたいという気持ちがあったことはあるでしょう。でもマルタは、その気持ちを直接マリアに伝えるのではなく、イエスさまを通して言わせようとしています。そのやり方を考えると、マルタは本当はマリアに手伝ってもらおうと考えていたのではなく、むしろイエスさまに自分自身のことを顧みてほしかったように感じられます。

実はマルタが「いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていた」という言葉は、「この大きなもてなしのために忙殺されていた」ということです。忙殺ですから、あまりの忙しさに心が落ち着かなくなり、自分が何をしているかもわからなくなっていたということなのでしょう。恐らくは本当の彼女であればマルタはイエスさまを通してマリアを攻撃するかのようなことはしなかったはずです。ですから、私には、これは彼女なりのイエスさまへのSOSだったように思えるのです。

ところがそんなマルタに対して、イエスさまはこう返答します。「あなたは多くのことに思い悩み、心を乱しているが必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」もし皆さんがマルタであるとして、イエスさまにこのように声かけられたらどうでしょうか。

確かに最初の部分はイエスさまの配慮が感じられます。しかし後半の部分はどうでしょうか。わたしなら、「イエスさまはわたしのことを気遣ってそう言ってくれているのだとは思うけれど、やっぱり私のことなんてちっともわかってくれていないのね」と思います。「マリアは良い方を選んだ?それが必要なただ一つのことである?それなら私がしていることは不必要なことであるし、誰も喜んでくれないのですか?私は間違っているの?誰も私の気持ちなんてわかってくれていないのね!」こう言う気持ちになってしまっても仕方ない言葉なのではないでしょうか。

イエスさまの言葉は、優しい言葉のように思えますが、心を込めて奉仕をしようとしている人にとってはきつい言葉に響きます。やっていることを全否定されているように感じられるからです。「奉仕なんていらないよ。そんなに大変ならばやめたらいい。そうじゃなくて私のそばに来て座りなさい。」もちろん、気持ちはわかります。イエスさまの言葉に耳を傾けることが最も大切なことは重々理解しています。神の言葉を聞くことから奉仕だって始まっていくものであるわけでしょう。では、そうであれば、これはやはりよく言われるように御言葉を聞くことが最優先であるということなのでしょうか。でも、もしそうならこの言葉はマルタへの非難でありこそすれ配慮にはなり得ません。それでもイエスさまはマルタに「礼拝が最優先だ。それ以外のものは何も必要がない」と伝えたかったのでしょうか。

私はそうではないと思います。私は宣教の冒頭で、今日の箇所は先週の聖書箇所「善きサマリア人の譬え」の続きであると言いました。もし、この譬え話の中で、神の言葉を聞くことを優先しなさいと言われるのであれば、恐らくそれを実行しているのは、祭司でありレビ人でしょう。彼らは神の教えのルールを優先するあまり、倒れている人を見過ごしにしていったようにも思えるからです。またこの問いかけをした律法学者も正しいことを聞いて行ってきました。しかしイエスさまはそうではなく、「あなたも言って同じようにしなさい」と招くのです。

マルタがしようとしていたこと。それは、旅を続けて自分のところに来たイエスさま一行をもてなすことでした。それは空腹や疲れを覚えて倒れそうな者を助けようとしたこと、倒れている旅人を救う行いであったとも言えます。それは決してしなくても良いものではありません。むしろ愛の業に他なりません。「行って、あなたも同じようにしなさい。」という言葉への応答以外に考えられないのです。神の言葉を聞いても何の行いのない神の交わりより、神の言葉を聞くこともないサマリア人がその人の隣人になって行くことの方が尊いのです。そこに神の国が生まれるからです。

ですから私はイエスさまの言葉に着目したいと思います。それは「必要なものはただ一つである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」という言葉です。イエスさまが評価しているのはマリアが選んだ方が「良い方であり、それを取り上げてはならない」ということです。確かにマリアはイエスさまの元に座ってその話に耳を傾けています。ちなみにこの「話」とは「ロゴス」、神の言葉のことです。神の言葉を聞くこと、即ち礼拝です。これが最も大切だと言いたい気持ちはよくわかります。でも礼拝の目的というものは、私たちが神の言葉によって生かされていくこと、すなわち私たち自身が神に捧げられることに他なりません。ですから礼拝が大切だと言うのであれば、それは神の言葉を聞くことと同時に神の言葉を行っていくことが大切であるということなのです。イエスさまは他の聖書箇所で「御言葉を聞くだけで終わってはならない」と言います。

ですから、私はイエスさまもまたこのマルタのもてなしを喜んでいたのではないかと思うのです。実はこのもてなしとは「奉仕」であり、神さまへの献げもの、つまり礼拝そのものであるからです。神の言葉を聞くこと、それだけが唯一正しくてただ一つ必要なものであるということではありません。念を押しておきますが、私が言おうとしていることは神の言葉を聞く必要がないということでは決してありません。神の言葉は私たちの中心にあるものであり。やはり大切なことなのです。しかし、神の言葉を聞くことは、それに生かされて生きていくということに必然的に結ばれていくのです。

そうであれば、イエスさまがここで言おうとしていること、それはマリアが正しい、礼拝が正しいというのではなく、その自分が献げようと思っていた奉仕に心疲れてしまったマルタへの配慮そのものであったのではないかと思うのです。いくら自分でやりたい、してあげたいと思っても疲れることがあります。ねぎらってほしい、評価してほしいと思うことがあります。これは人間であれば当然の感情です。私は、イエスさまがここで言った「必要なことはただ一つだけである」という言葉。これはあなたが捧げている思いを神はしっかりと見ているということだと思います。だからマリアや他の人と比べないということなのではないかと思うのです。人と比べると献げものはつらくなることがあります。しかし自分に献げられる自分なりの献げもの、礼拝、神の言葉の応答としての行いを自分らしく捧げていくことが本当にイエスさまに喜ばれる献げもの、必要だと言われるものなのではないかと思うのです。

マリアは恐らく何を言われても動くことはなかったのではないかと思います。そしてそれがマリアが選んだ「良い方」だったのではないかと思います。つまりイエスさまは「思い悩む必要はない。色々なことに心を乱される必要はない。あなたがあなたらしく、あなたがしたいと思うことを、あなたの出来る範囲で行いなさい」と言っているのではないでしょうか。

マリアが選んだ「良い方」と言う言葉、実はこれは「良い」と訳すと比較のようになってしまいますが、これを他の言葉に訳すと「幸いな部分」と考えることができます。つまり彼女は自分にできる奉仕、御言葉を聞くということができることが幸いだったということであり、それをイエスさまが評価したわけであって、マルタを悪いと言ったわけではない。むしろ彼女の在り様を取り上げてはならない、そしてあなたも思い悩んではならない、何故ならば私が今あなたと共にいるのだからということに力点があるのではないかと思うのです。

まとめます。私たちがこの聖書個所から問われているのは、大切なのは御言葉であって奉仕ではないということではありません。むしろ、御言葉も奉仕も大切だということです。何故ならば、それはどちらもイエスさまが共におられるこの交わりの中で始まっており、イエスさまに献げられているものであるからです。そしてイエスさまの言葉は、やはり「多くのことに思い悩んでいるマルタ」に対しての配慮であり、「他人のことに心を取られるのではなく、自分がしようと思っていることに心を注ぐこと」が良い方だということなのだと思うのです。大切なことは、御言葉を聞くことも奉仕することも、主への礼拝であり、それぞれが尊いものであり、自分と違うからと言って取り上げてはならないものだということなのです。

今日のメッセージを私たちに置き換えてまとめるとこういうことになるのではないでしょうか。教会という交わりは礼拝の中で神の言葉に養われています。私たちのただ中にあるのはイエスさま御自身です。マルタとマリアのただ中にイエスさまが寄り添われたように、私たちのただ中にもイエスさまがおられます。神の言葉はここにあるのです。そして私たちはその神の言葉に生かされている者たちであります。私たちには日常生活に多くの思い悩みがあります。自分が分からなくなる時もあります。でも私たちはそのイエスさまに礼拝を献げ、奉仕するのです。礼拝自体が奉仕です。そして奉仕が礼拝です。それはどこにいようと教会の中でなくても私たちが生きているその場その場で神に仕えるということであります。

私たちは礼拝を固定化してはいないでしょうか。これまで礼拝は聖書が中心だ、御言葉だ。あるいは教会の交わりの中で神さまに仕えることを大切にしてきました。それはもちろんそれは大切です。でも世界はイエスさまの伴いによって広げられてきています。礼拝という私たちの献げものもまた広げられてきています。これまで私たちは御言葉を受肉し生きていくこと、深く学ぶことが中心であったかもしれません。じゃあ聖書を読むことが困難な人、聖書の言葉よりも交わりが好きだ、黙々と奉仕をしているのが好きだ、いや私は賛美をすることが好きなのだ、或いは人の交わりよりも静かに祈る方が自分に向いていると思う人はどうであったのでしょうか。色々な人々がおられます。しかしそれでよいのです。それをまとめて神の国としてくださっているのがイエス・キリストにある教会なのではないかと思うからです。

一人一人の大切な礼拝があり、奉仕があるのです。私たちはそれぞれアクセスポイントが異なります。でも私たちは、私たちの交わりのただ中にいるイエスさまによって今も新たな出会いを与えられ続けているのです。このことを共に喜び歩んでいく教会へと交わりへと進んで参りましょう。