〇聖書個所 マタイによる福音書 14章22~33節

それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。群衆を解散させてから、祈るためにひとり山にお登りになった。夕方になっても、ただひとりそこにおられた。ところが、舟は既に陸から何スタディオンか離れており、逆風のために波に悩まされていた。夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。そして、二人が舟に乗り込むと、風は静まった。舟の中にいた人たちは、「本当に、あなたは神の子です」と言ってイエスを拝んだ。

 

〇宣教「嵐の中、湖の上を歩いていくために」

今日の聖書箇所は、ただいま聖書を読んでいただいてお分かりのように、イエス・キリストが湖の上を歩いて、嵐の中で恐れている弟子たちを助けに行くという物語です。イエス・キリストが水の上を歩いたということがどういうことなのか、そしてペトロもまた沈んではしまいましたが、水の上を歩くことができたということが一体どういうことなのか、この出来事を通して聖書が語ろうとしている福音を共に受けて参りましょう。

今日の箇所は時系列的に言えば、先週の箇所、先々週の箇所からの続きであります。つまり、イエス・キリストがバプテスマのヨハネの処刑の知らせを受けて、一人人里離れたところに行ったときに、自分を求めてやってきた群衆を見て深く憐れみ、五つのパンと二匹の魚を分かち合った、その後の出来事になります。イエスさまは群衆の姿を見て、まさに自分自身のように深く憐れまれ、彼らと共にしばらくの時間を過ごされました。先週の宣教でもお話ししましたが、この群衆は病気であったというよりバプテスマのヨハネの処刑を聞いて心が病んでいたり、心が弱くなっていたりしましたので、イエスさまは彼らの心に寄り添うために対話の中で時間を過ごされたのだと思います。マルコ福音書では、そんな彼らに対して「色々と教えられた」とありますが、マタイ福音書では、「教える」やその他の動詞がありませんので、彼らと共にいることによって彼らを癒されたのです。「共に時を過ごす」というただそれだけのことが人の心の慰めと励ましのためにどれほど大切なことであるかと感じます。

そんなイエスさまですが、やはり一人での祈りの時が欲しかったようです。群衆に五つのパンと二匹の魚を分かち合った後、イエスさまは弟子たちを強いて船に乗せて対岸に行くように指示し、自らその群衆を解散させています。それからイエスさまは祈るために一人山にお登りになりました。イエスさまは時折一人で祈る時を過ごされたとよく言われますが、マタイによる福音書では一人で祈る場面はここだけです。つまり、ヨハネの処刑を聞き、イエスさまは祈りの時、神との対話の時を必要としたわけです。イエス・キリストは「祈る時は、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」(マタイ6:6)と教えていますが、まさに弟子たちにさえその時を妨げられないようにイエスさまは引きこもっています。キリスト教ではよく「リトリート」という言葉が使われます。これは「退修会」とも言われますが、元々は「避難所」という意味のある言葉だそうです。よく言われることは、今いる場所から退いて自分の心と体を休息させる時ということですが、キリスト教的な意味合いで言うと、神によってトリートメント、神の取り扱いを受けて手当、癒しを受けて、新しい働きのために備えるということです。

イエスさまは、バプテスマのヨハネの殺害の知らせを聞き、また飼い主のいない羊のようなありさまの群衆との出会いを通して、ご自分のなすべきことは何か、神との対話の時を心底求められたのでしょう。この祈りの出来事はイエスさまにとっても、神の愛を行っていくために落ち着いて取り扱いを受けると言う一つの転換点となったと思います。私たちにとってもそのような祈りの時というものが必要になるときがあります。その祈りの時は、まさに神との対話となりますし、神からの新たな力を頂く場ともなり、私たちにとっても一つの転換点になるまさにリトリートの出来事です。

さて、その頃向こう岸に渡るように言われた弟子たちの舟は、逆風の中、波に悩まされていました。この当時の舟は、もちろんモーターなんて付いていませんからオールで漕ぐか風任せであったと思います。それでも、彼らの数人は漁師でしたから船の操縦のプロであったわけですからイエスさまの言葉に忠実に向こう岸に渡ろうと努力していたのだと思います。この逆風とは、彼らに敵対する風でしたので、もしかして彼らは目的地に行こうどころかにっちもさっちもいかなくなっていたのかもしれません。陸から何スタディオン(1スタディオン185m)離れていたのかわかりませんが、彼らはすっかり立ち往生してしまっていました。そんな彼らのところに湖を歩いてイエスさまが来られたのです。

彼らがびっくりしないわけはありません。だってまた明け方早くですから、辺りはまだ一面薄暗く、水の上ですからモヤもかかっていたかもしれません。しかも波は立っていて風音は激しい。彼らはイエスさまを見て「幽霊だ」と言っています。この幽霊と言う言葉ファンタスマと言い、ファンタジー(幻想)やファントム(おばけ)の語源になった言葉でして、現実のものとは思えない恐怖に駆られたということでしょう。無理もないと思います。何故ならば彼らがいた場所は湖の上だったからです。湖や海とは、今では「いのちの宝庫」であると言われますが、その当時は「死の象徴」でした。深い水は人の力の及ばないところ、何が出てくるかわからないところであったからです。そんな湖の波に揺られる船の上の弟子たちは、まさに生きた心地なんてしなかったでしょう。しかし、イエスさまはそんな状況にいる弟子たちをその恐怖から救うために、湖の上を歩いて弟子たちの元に向かわれたのです。

「湖の上を歩くイエスさま」というと、何か物理科学を超えた奇跡的な現象、まさにファンタジーのように受け取ってしまうわけですが、実はここでイエスさまが水の上に立っていたということは、湖の上で暴風と荒波にも負けずに立っていたということです。つまり死を恐れることなく、自分に敵対する風に負けることがないようにしっかりとした土台の上に立っていたという意味があるのです。私はイエスさまがその前に1人祈られたことは、その土台を確認することであったのではないかと思います。

イエスさまが湖の上を歩いたのは、それ自体が大切なのではありません。イエスさまが湖の上を歩いたのは、恐怖の中にいる弟子たちに伴うためであったということが、より大切です。つまり、イエスさまは私たちがそんな死の一歩手前、恐怖におののき、たっている土台があまりにも脆い、今にも崩れてしまいそうな中にいる私たちに伴うために、その恐れを向こうから乗り越えてきてくださるのです。だからこそ「安心しなさい。私だ。恐れることはない。」この声に慰めと平安を感じるのです。

ところがそんなイエスさまを見て、ペトロが言います。「主よ、あなたでしたら、私に命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」私は正直、ペトロがなんでそんなことを言い始めたのかがよくわかりません。というのは、イエスさまが来てくれて湖が凪になればそれでOKだと思うからです。いつも通りお調子者としてそんなことを言ったのでしょうか。しかもペトロの発言を考えるに、イエスさまを信頼して言っているのかよくわかりません。「あなたでしたら」と言う言葉には、疑いや試みが感じられるように思います。しかし、イエスさまが「来なさい」と言った言葉に従って水の上に立つことは、信頼がなければできないことです。まだまだ波も風もあるわけです。よくできたなと正直に思います。しかも彼はイエスさまの方に進んで歩きました。ところが、ふと強い風が気になり、怖くなって沈みかけました。「主よ、助けてください。」この言葉にイエスさまはすぐに手を伸ばしてペトロを助けられました。イエスさまがすぐに助けてくれるということにホッとしますが、続けてイエスさまは言われます。「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか。」こう言われてしまうと、私たちはぐうの音も出ません。でも、ペトロだけを馬鹿にすることはできません。何故ならば、ペトロのように水の上に立つさえできない私たちがここにいるからです。

もしかしてこのペトロが言った「「主よ、あなたでしたら、私に命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」というチャレンジこそが大切なのかもしれません。私たちはイエスさまがそこにいる、自分たちのために来てくださった、だからもう大丈夫と思うわけですが、イエスさまは私たちに船を降りて水の上を歩いて私のところに来ることを待っているのだと思うのです。それはつまり、私たちがいつもイエスさまの言葉の土台にしっかりと立つことができるように招いておられるということです。だからイエスさまはペトロを「来なさい」と招かれたのではないでしょうか。

私たちは、ペトロが言うように、この「命令して」ということが大切なのだと思うのです。命令とはその相手との関係の中で相手の言葉に自分を従わせることです。そこには自分を超えた相手の思いが働きます。つまり自分の決断では決して踏み越えられない一線を、イエスさまの言葉を自分の心の内に信頼することによって、そこを乗り越えていくことができるということです。そういう意味で言うと、ペトロが強い風が気になって恐くなり、沈みかけるということは象徴的です。それは私たちの心に何か別の思いが入って来て、気が取られると、たちまちイエスさまの姿を見失い、その言葉を信じることを忘れてしまうからです。でも、それはある意味仕方のないことだとも思います。イエスさまを信じたとしても、私たちの置かれている現実はなかなか変わらないからです。恐れも不安もあります。「信仰が薄い」と言われたって仕方ありません。

でも、そんな私たちが沈みそうになった時に、イエスさまがわたしたちに手を伸ばしてくださり、すぐに助けてくれるということに慰めを感じます。つまり、この関係が私たちに与えられているのです。

つまり今日の箇所を2つに分けて簡単に言えば、一つ目はイエスさまのみを見て、その言葉を信頼し続けて歩む時に、私たちは荒波や逆風、或いは押し寄せる死の恐怖に陥ることなく、自分の道を歩み通していけるということです。そして二つ目にはもしそれがダメであったとしても、挫けてしまったとしてもイエスさまは沈みそうになる私たちを常に傍らで守ってくださる方であるということです。

「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」イエスさまは言われます。これはイエスさまがペトロに怒って言われているのでしょうか。そんな強い信仰を私たちは持てるのでしょうか。そういう人もいるかもしれませんが、すべての人がそのように出来るわけではありません。私にはイエスさまは怒っているようには思えません。むしろ、「ペトロ、おまえはしょうがないなぁ。もう大丈夫だぞ。でも、何回でも水の上に立ちなさい。また沈みそうになったらわたしがいつでもおまえを助けるから。」とにっこりしながら言っているように思えるのです。

イエスさまが船に乗り込んだとき、風は静まりました。「凪」という言葉がありますが、すべての風が止まったということなのでしょうか。確かにイエスさまは波風さえ止めることができる方であると聖書には書かれています。ですが、もしかしてここではその波風は彼らにとって静かになったということなのかもしれません。つまり、波風はまだまだあったとしてもイエスさまが私たちと共におられるときに、私たちにとってその波風は静かのようになるのです。

私たちには生きていく中で様々な困難や恐怖があります。それは私たちが今を生きる者として負う様々な困難もあると思います。しかしその中には私たちがそれぞれ個人的に抱えている様々な問題もあるでしょう。もう立ちえないと思うような苦しい状況もあるかもしれません。そしてその思いは誰もわかってくれないという孤独の中にいる時もあるでしょう。それはまさに嵐に翻弄される湖の舟です。しかし、イエス・キリストはそんな状況の中にいる私たちに対して向かってきて下さり、私たちに伴われるのです。そして、嵐の中、波風の立つ水の上に立ち「わたしの元に来なさい」と招いてくださいます。そしてその方は失敗しても大丈夫だと招いてくださいます。私たちはこの方がおられるからこそ、その歩みを最後まで歩んでいくことができるのです。

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」(Ⅰコリント10:13)

イエスさまは、そのように生き、そしてそのために十字架に架けられて死なれました。それは私たちがイエスさまの愛によって愛されていることを知るためでありました。私たちは独りではありません。必ず最後までその歩みを通していけるように、今も私たちに日々御言葉を与えてくださいます。今日はこの後に主の晩餐式を守ります。イエス・キリストの裂かれた体であるパンと流された血である杯を共に受け取り、イエス・キリストの交わりにこれからも生かされていきましょう。