〇聖書個所 マタイによる福音書 13章24~30、36~43節

イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて行った。芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。僕たちが主人のところに来て言った。『だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。どこから毒麦が入ったのでしょう。』主人は、『敵の仕業だ』と言った。そこで、僕たちが、『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと、主人は言った。『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れの時、「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、刈り取る者に言いつけよう。』」

それから、イエスは群衆を後に残して家にお入りになった。すると、弟子たちがそばに寄って来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください」と言った。イエスはお答えになった。「良い種を蒔く者は人の子、畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。毒麦を蒔いた敵は悪魔、刈り入れは世の終わりのことで、刈り入れる者は天使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終わりにもそうなるのだ。人の子は天使たちを遣わし、つまずきとなるものすべてと不法を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中に投げ込ませるのである。彼らは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。そのとき、正しい人々はその父の国で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい。」

 

〇宣教「良い麦も毒麦も共に生きていけ」

先週はイエス・キリストが「天の国」について教える譬え話第一弾として「四つの畑に落ちた種」の話をしました。今日は第二弾「毒麦の譬え」です。「ある人が畑に良い種を蒔きました。ところがそこに敵がやって来て「毒麦の種」を蒔きました。蒔かれた毒麦は麦と大変よく似ているそうです。芽が出て実るまで、主人やしもべは毒麦が蒔かれているとは知らず大切に育ててきました。ところが実がなったとき、彼らは初めて毒麦が蒔かれていたことに気づきました。主人はそれを「敵の仕業である」と言います。なんとなく戦国時代の忍者の仕事を思わせますが、天の国の敵とは誰でしょうか。のちほど考えてみたいと思います。しもべは「毒麦を抜いてきましょうか。」と言います。ところが、主人は「良い麦まで一緒に抜く恐れがある。収穫の時まで待とう。そして収穫の時にはまず毒麦を集め、束にして燃やしてしまおう」と言う譬え話です。

前回の「畑に蒔かれた種」の話は分かりやすい譬え話でしたが、今日の譬え話は、やや複雑と言うか、設定が込んでいるというか、わかりにくい状況設定があるのでよく考えてみる必要があります。

ある人が畑に良い麦の種を蒔いたということはわかります。畑がどんなところだったかということは今回問われていないので、作物が良く実る普通の土地であったのでしょう。ところがそこに敵がやって来て毒麦を蒔きます。ここで疑問です。敵って誰でしょうか。また、敵のしたかったことは、収穫の邪魔、或いは嫌がらせということで合っているのでしょうか。

もし収穫させたくないということであれば、蒔かれた種を根こそぎ奪っていけばよいのに、敵はそうしようとはしていません。あるいは、敵の目的は毒麦を実らせることだったのでしょうか。自分で育てずに相手に育てさせるなんて、まるでカッコウの托卵みたいだなと思います。確かにそうすると自分は楽ですし、相手に対しても大切に育ててきた作物が望むものでなかったときのガッカリさを味わわせることはできます。性格悪いとは思いますが、効果的です。

さて一番よくわからないことは、主人は毒麦が入っていることが分かったにも関わらず、早く対処しなかったことです。主人は毒麦を抜くことができたはずです。しもべも「毒麦を抜いてきましょうか。」と言っています。しもべの提案には、敵の思惑を防ぎたいという思いと、主人の畑の実りを守りたいという二つの純粋な思惑が見えます。何故なら毒麦をそのまま残しておくということは、その畑の限られた栄養素を毒麦にも分けることになってしまうからです。おいしい麦を作るためには、これは必要な間引き作業であるともいえます。ところが、この畑の主人はそれをすることを選びませんでした。その理由は、主人の言葉によると、「間違って良い麦まで抜いてしまう可能性」があるから、さらに言うと「高い確率で良い麦まで抜いてしまうに違いないから」ということです。つまり主人は「良い麦ファースト」と言うか、良い麦を一本でも守るためには毒麦をも受け止める覚悟があったようです。しかし彼にはその後の算段があり、最終的には実り切った段階で集めて火の中に燃やしてしまおうと考えています。最終的には毒麦は燃やされ、良い麦の収穫が残る。これが天の国であるというのです。

弟子たちもこの話を聞いて、良くわからなかったのでしょう。36節以降、弟子たちが譬え話の解き明かしを求めています。それによると「良い種を蒔く者は人の子、畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。そして毒麦を蒔いた敵は悪魔だ」とあります。つまりイエスさまが良い麦を蒔き、悪魔も毒麦を蒔いた畑は私たちの生きている世界です。私たちが麦であるということです。私たちが良い麦か毒麦かはいまのところわかりません。そして最終的にはその毒麦は収穫の時にまとめて燃え盛る炉の中投げ込まれ、良い麦だけが残る。これが天の国であるという風に受け取ることができます。

さて、この説明を聞いて何やら怖いなあと思うのは、この「裁き」についての説明にかなりボリュームが用意されているからです。こんなことを聞くと、それでは私はイエスさまが蒔いた良い麦なんだろうか、それとも悪魔が蒔いた毒麦なんだろうかとやっぱり心配してしまいます。毒麦はいくら丹精込めて育てても途中から良い麦に変化することはありません。だとすれば、ジャン・カルヴァンが唱えた予定説のように、神に救われる人は予め決められているということを言いたいのでしょうか。

もしそうであれば、その裁きの後に実現するのが神の国なんだ、天の国なんだとイエス・キリストは伝えようとしているのでしょうか。皆さんはこれをどのように聞かれるでしょうか。私は率直に言って、その裁きの後に成り立つのが神の国であると言われることには、 非情に抵抗があります。

そもそも神の国というのは、正しい人や信仰深い人だけが入れるところなんでしょうか。もし神を信じる正しい人たちだけが天国に入れて、罪人が地獄に行くのだとしたら、それはファリサイ人、律法学者の世界と変わりません。それでは「私は罪人を招くために来た」と言われたイエス・キリストの存在自体が自己矛盾に陥ってしまいます。世の終わりの時に裁きがあるのかどうなのか、そのはっきりしたことはわたしにはわかりません。しかし「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。」(ヨハネ3:17)と言う言葉を私たちは心に留めたいのです。

私は、この譬え話が天の国の譬えだとしたら、この裁きの後に訪れるものが「天の国」なのではなく、むしろ良い麦の中に毒麦が蒔かれた畑を主人が見守っている。これが天の国なのではないかと感じるわけです。そうでなければ、「天の国は良い麦が蒔かれた畑である」で終わってしまっていいと思うのです。この毒麦がうんたらのくだりは必要ありません。でもイエスさまはあえて毒麦の話を加えていることを心に留めたいのです。

とはいえそれでもやっぱりこの裁きのことは気になると思います。この裁きを私たちはどのように考えるべきでしょうか。実は面白いことに、今日の箇所で「耳のある者は聞きなさい。」という言葉は、譬え話の後にあるのではなく説明の後にあります。先週の箇所では譬え話をよく考えてみなさいということでしたが、今日はこの説明の言葉をよく考えなさいと言っているように受け取れるのです。

もし、ここで言われているように、蒔かれた良い種は御国の子らであり、毒麦が悪い者の子らであるということが本当であれば、 麦や種というものは途中で品質を変えることはできませんから、人も変わらないことになります。そうすると、先ほども申し上げましたが、最初から天の国に入れる人と入れない人が決まっているということになります。

今回この聖書の箇所の準備をしているとき、たまたまインターネットで一つの聖書箇所の解説に辿り着きました。そこでは、この箇所が文字通り解釈されていました。つまり「麦は麦であり、毒麦は毒麦である。サタンに蒔かれた者たちの本性は決して変わらない。そしてその人たちは切り捨てられなければなけない。麦が麦として実るためには、神を第一とし、自分たちが神に従うための障害となるもの、例えばそれが、家庭の幸せであってもそれらを捨て去らなければいけない。」つまり、良い麦として実るためには、天国に入るためには、永遠のいのちを得るためには、この地上のかりそめの家族や家庭の幸せを捨てて神のために生きること。これが救いに選ばれている信仰者の姿だと言い、それが出来ない人はサタンの子であり救われない者なんだと言っているのです。

私はこのサイトを見た時に、ショックを受けました。 これは、イエス・キリストの歩まれた道、その教えとははっきり違うことであるからです。実はそのサイトを運営していたのが「全能神」と呼ばれる異端のグループの教会です。その教会は裁きの預言で人々の不安を煽り、救いの基準を自分たちで決め、人々をマインドコントロールします。しかしそれはイエス・キリストの教えではありません。全く異なります。先ほども言いましたがイエスさまは世を救うために、罪人を招くために来られた方であるからです。

私はこの箇所についてやっぱり思うんです。この麦にイメージされているのは人です。そうだとしたら、そもそも生まれた時から、神の国を受け継ぐ良い人と悪い人というふたつに区切ることなんてできるわけありません。何故ならば全ての者は神によって尊く造られた存在であるからです。もし仮に良い行いではなく、悪い行いというものを好んでしている、或いは無意識のうちに行っているということがあるのだとしたら、それはその人たちが育ってきた環境によるところが大きいと思います。そしてイエスさまはそういう中で生きている罪人たちを招くために来られた方であります。そしてむしろ自分たちは正しいと思っている者たちこそ、どうなのだということをイエスさまは言われるのです。

先ほど「いつくしみ深き」を歌いましたが、この賛美歌を作ったジョン・ニュートンは牧師になる前に奴隷船の船長をしていました。ある時、神戸教会にやってきた青年がそのことを知り、私に「彼は許されてはいけないと思うがどうか」と問いかけてきました。私は、ニュートンは牧師となったからと言って犯罪的行為が帳消しになったわけではない、しかし彼がその後奴隷廃止運動に加わって行ったことから考えると、彼の心の中にずっと残った過去の過ちという種が、彼を新たな歩みへと導いたのではないかと話しました。それで彼の罪が許されたかどうかはわかりませんが、それを判断するのは神であります。

でも確かに私たちもまた自分たちが正しい、だから邪魔な毒麦を捨ててしまいましょうという判断をしたくなることがあります。でもイエスさまはそんなことは望んでいないのです。なぜイエスさまは毒麦が実るまで待とうと言ったのでしょうか。それは、毒麦と呼ばれる人たちが神の見守る畑と言う環境の中で、いつか神のみもとに立ち返ることを、イエスさまは願っているからなのです。つまりこの麦の譬えに足りない要素はその麦が変わっていく、つまり悔い改め、立ち返りの可能性です。つまり天の国とは、敢えて毒麦が共に育ち、この主人の恵みの元で方向転換していくことを共に喜ぶところだと私は思うのです。

そしてこの譬え話から私たちが考えるべきもう一つの事があります。それは、このしもべたちのように、私たちの基準で善悪を決めてはならないということです。彼らは主人のことを思って、毒麦を引っこ抜こうとしますが、それは主人の思いに適うことではありませんでした。熱心さのゆえに人を裁くことがあります。しかしそれは、わたしたちは神のためにと思いながらも神のご計画とは違うことをして、自分の思いを満たそうとしているということがあるのです。先ほど「全能神」の話をしましたが、私たちは他人事ではありません。そこまでは行かなくても私たちも同じく神の言葉という秤をもって人を裁いてしまうことがあるのです。それは純粋であればこそ強められていく秤なのです。

しかし、それが私たちの罪であります。人がエデンの園から追放されたきっかけは、「善悪を知る木の実」を食べたことによります。それによって人は自分で善悪を考えるようになりました。しかし果たしてその判断が神の御心と同じかと言われると、やはり異なるのです。むしろそれによって私たちはその思いによってイエス・キリストを十字架に架け、世界を分断してしまっているのです。そもそも私たちが良い麦で敵が毒麦であるという構図自体がおかしいと思いますし、私たちの中にも毒麦の種があることをしっかり認識しなくてはなりません。

さらに言えば毒麦だって神が「良し」とされた創造物の一つであり、それを邪魔だと思うのは私タイの側の問題です。それでは良い麦と毒麦はどう違うのかというと、そこには違いがあるということだけなのです。イエスさまはそこで毒麦を抜くのではなく良い麦も毒麦も共に生きていけと語るのです。それがイエス・キリストの愛であり、罪の赦しなのではないでしょうか。

つまり、しもべたちが毒麦を抜こうとしたのを主人が止めたのは、もしかして「自分の判断が正しい」という立場で「畑」という世界を見ることは正しいことではない、裁きは神の時に、あなた自身が判断するのではなく、天使たちに委ねなさいということなのではないでしょうか。

それでは私たちがするべきことは何かというと、自分の頭で人を判断するのではなく、自分とは異なる性質の者たちと同じ世界の中で共に悔い改めつつ、生きて行きなさいということではないでしょうか。「耳のある者は聞きなさい。」という言葉を心に留めていきましょう。