〇聖書個所 マタイによる福音書 28章1~10節

さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」

 

〇宣教「復活の主はガリラヤへ」

今日は主イエス・キリストのイースター(復活日)礼拝です。イエス・キリストの復活おめでとうございます。私たちは今日このイースターの復活の出来事を共に喜びたいと思います。イエス・キリストの復活が何故私たちにとっての喜びとなるのでしょうか。それは、私の言葉で言えばこの世の科学に反した出来事、普通あり得ないことが起きたからです。もし復活が仮にゲームの世界のようにありふれたことであるならば、私たちはその出来事を喜ぼうとは思いません。あり得ないことが起きたから喜ぶのです。実際にこの世界で「復活」というあり得ないことが起きたのです。いや、あり得ないと言うとちょっとニュアンスが違いかもしれません。少なくとも私たち現代人が知りうる知識、(とはいっても私が全てを知っているわけでもありませんが、)およそ共通認識の中で、およそ起こらないと思われている死者の復活が2000年前に起きたというのです。どのように復活が起きたのか、それは神の直接的な介入によるものであったということを聖書は記しています。

現代人ならば、ほとんどの人が理性的に考えてそんなことはあり得ないで終えてしまうでしょう。パウロがイエス・キリストの復活を哲学の都アテネで語った時、多くの人は「そんなの聞いていられない」と通り過ぎていきました。そのような感覚は私たちにとって身近なものだと思います。でも、だからこそ、この出来事をどのように受け取るかということが私たちにとって決定的に重要なことであります。パウロは言います。「キリストが復活しなかったのなら、私たちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。」(Ⅰコリ15:14)私たちの信仰の根幹は、十字架に架けられたイエス・キリストを神が復活させたということにあります。では、実際復活ということをどのように信じればよいのか、これは今を生きている私たちだけではなく、復活の現場に立ち会った人々にとっても同様に課題でありました。

復活の現場と言いましたが、その現場を目撃した人は誰もいません。イエスさまの遺体がなくなっていることを見た第一発見者は本当に気が動転していたんだろうと思います。何故ならばイエス・キリストの復活の出来事は4つの福音書に記されていますが、その4つほとんど内容が異なっているからです。彼らが墓に来た時、すでに石は転がされていたのか、それとも今日の箇所のように地震が起きて天使が墓を動かすところを目撃したのかも分かりません。イエスさまがどのように復活されたのかは共通してわかりませんが、彼らがどのように復活したイエスさまと出会ったのか、あるいは復活したイエスさまは「ガリラヤに行きなさい。」と言ったのか、「エルサレムに留まっていなさい」と言ったのかも判明しないのです。目撃したこと、語られた大切なことを忘れてしまうなんていったいどうしてしまったのでしょうか。どれが真実なのかわからないのです。これが、実は私たちが復活をいまいち信じられない理由であり、復活の日に何が起こったのかを説明することができない原因の一つになっています。

でも、もしかしてその4つの福音書が語る真実が、混乱しているそのままを受け止めることだとしたら、その復活がどうやって起きたのかとか、墓が最初から空いていたのかそれとも後から空いたのかとか、番兵がいたのかいなかったのか、天使は一人だったのか二人だったのか、或いはイエスさまは弟子たちにエルサレムに留まっているように伝えたのかガリラヤに行くように伝えたのか、その真偽のほどはどうでも良いことなのかもしれません。

大切なのは、イエス・キリストが復活されたという事実とそれを伝える天使の言葉なのであり、私たちはその言葉を信じることによって新たな歩みへと導かれることなのです。そのことを象徴的に記しているのが、今日の聖書個所であるマタイであるのです。

マタイ福音書が語るイエス・キリストの復活の朝の出来事の中で、最も特徴的なことは何といっても番兵たちがその場にいたことでしょう。彼らはイエス・キリストの遺体が盗み出されないためにそこにいました。この番兵たちの存在にはある意味で客観性を持たせる意味があったと思います。でも、それ以外にも理由があると思います。それは、彼らの反応がマリアたちと対照的であるということです。墓にマグダラのマリアともう一人のマリアがやってきたとき、その面前で地震が起こり、天使が下り、墓が開いたとあります。他の福音書では既にすべてが終わった後に彼らは到着しますが、マタイ福音書は、つまりイエスさまの復活以外はすべて見えるところで行われたということを伝えます。

その出来事を目の当たりにした番兵たちは恐ろしさのあまり震え上がります。これはマリアたちも同様でした。地震だけでも恐ろしいものですが、天使が降って来ては墓を塞いでいた石を転がすなんて信じられません。天使は語ります。「恐れることはない。」そんなことは無理です。聖書の中でおよそ「恐れることはない」と言う言葉が出てくるときは、信じられない出来事を目の当たりにしているときであるからです。番兵たちが死人のようになったことは想像に難くありません。でもマリアたちは違いました。天使が告げた言葉によって、彼らは恐れながらも大いに喜んでいったからです。

天使が彼女たちに語った言葉の中で私が今日特に重要だと思う言葉は、「あの方はここにはおられない。かねてから言われていた通り、復活なさったのだ。」と言う言葉です。イエスさまが殺された失望感に包まれ、まだその深い悲しみの中にいる時、あるいはショックと混乱の中にいるとき、イエスさまがかつて語っていた言葉に思いを馳せることなんてできなかったことでしょう。しかし、天使はその言葉を思い起こすように語るのです。天使の言葉に、彼女たちははっとしたのではないでしょうか。イエスさまがかねて言われていた言葉を忘れてしまっていた。イエスさまの言葉こそが最も大切であったのに。このようにしてイエスさまの言葉が心に浮かんだ時、彼らは恐れながらも大いに喜ぶことになったのです。それは復活を約束する言葉だけではなく、最も困難な状況にいた人々に伴い、励まし、慰めを与え、立ち上がらせるイエスさまの言葉、或いはその姿であったことでしょう。彼女らはその言葉を思い起こしました。このときはまだ復活の事実を目で見たわけではありませんでした。しかし、イエスさまの言葉が心に甦った時、彼女らの心はまさに復活へと導かれたのです。

イエスさまの言葉が心に浮かぶとき、私たちは絶望的な状況の中、死にそうなほどの恐怖の中においても希望を示され、喜びを抱くことができるのです。番兵たちはイエスさまの言葉を知らなかったので、彼女たちと同じようにはならず恐れるばかりでした。しかし神の言葉が心に甦るとき、まさに意気消沈してエマオの村へ帰っていた人々の心がイエスさまの解き明かしによって燃え上がったように、私たちはどんなときにも希望の火を絶やすことなく持ち続けることができるということなのです。

私はマタイ福音書がこの復活の出来事を通して伝えようとしていることはこういうことではないかと感じています。もう一つ理由があります。マリアたちが墓から立ち去って弟子たちに伝えに行こうとしたとき、復活したイエスさまが出会われます。「おはよう」と語る言葉は、原語では「喜びなさい。」という言葉です。英語ではPeace be with You.とありますが、より古い英語聖書では「Rejoice」とあります。「喜びなさい。」何をでしょうか。イエスさまの復活でしょうか。それはそうです。でも、もう一つ喜ぶことは、彼女たちもまた復活へと導かれたということなのです。彼女たちは見る前に聞くことにより信じたのです。だから喜びがあったのです。私はだからこそ、イエスさまに出会えたのではないかと思うのです。本来であれば、直接見なければ信じられないと思います。十字架の死というものはそれほどに直視しがたい絶望的なことだったと想像するからです。なんでイエスさまは直接弟子たちに会いに行かれなかったのでしょうか。私はトマスみたいな性格ですので、イエスさまがマリアたちに現れたのであれば、そのまま直接私たちのところに来てくれればよかったのにと思います。でも、イエス様はマリアたちを使いに出したままで、会いには来られませんでした。つまり、見る前に聞いて信じること。いやすでに聞いていた言葉を思い出すということが私たちの復活につながることなのです。

対照的に、番兵たちは、その後祭司長たちにこの出来事をすべて報告しました。祭司長たちはその報告を聞き、兵士たちに「弟子たちがイエスの死体を盗み出した」と言わせます。しかし、もし仮にイエスさまが生き返ったことを報告したのだとしたら、死体が盗まれたと言わせても意味がありません。つまり、彼らの中に言葉がなかったために、或いはその言葉に耳を塞いでいたために、彼らはその出来事を受け入れることができなかったのです。

私はマタイ福音書が、この出来事を番兵とマリアたちの目の前で起こされたということが非常に印象的だと思います。つまり、起きた地震とは私たちが土台としているところが揺らぐことです。地面が揺れるだけでも怖いものですが、人生の土台が揺れる時は恐怖でしかありません。しかし、その時に私たちの土台がどこにあるかが重要なのです。私たちは困難に土台が揺られることがあります。しかし、揺らいだ後に残るのは、神の言葉なのです。わたしたちに与えられている神の言葉は、決して砕けることはなく、人を恐れの中から希望へと導くのです。

天使は語ります。「主はガリラヤに行かれる。」ガリラヤとはかつてイエス・キリストが働かれ、言葉を語られた場所です。この言葉から原点に立ち返れ、聖書を読み直しイエス・キリストと出会い直せというメッセージを受け取ることもできます。でも、私はガリラヤとは固有の場所のことではなく、イエスさまが働かれたフィールド、何にも束縛されずに歩まれた場所。つまり、私たちとイエスさまが出会った場所でもあります。「主はガリラヤに行かれる。」これは、私たちに既に語られている神の言葉が、私たちの生活のただ中に復活されるということなのではないでしょうか。

多分、今日この礼拝を共に守っておられる皆さまの中でイエスさまに直接お会いしたことのある方いないと思います。私もありません。でも、イエスさまの言葉との出会いによって救われたという経験はお持ちの方もおられると思います。

ガリラヤで語られたイエスさまの言葉は、どんな小さな者の一人も、神の目から漏れることはない。あなたは神の恵みで満ちているということに尽きました。マタイ6:28には「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか。」とありますが、まさにこのとおりであります。

私がどんな自分であっても何かを誇ることができるわけでなくても、神は私を愛してくださっている。まさに「私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」(イザヤ43:4)イエスさまはこの神の愛をわたしたちに伝えるために、ご自分のいのちを貫かれました。そしてそれは死をもって終わらないことを示すために、復活されました。私たちにこの神の言葉は続けて語られています。
このことを共に喜びたいと思います。

私たちは新年度に入りますが、まだまだ先は見通せません。でも主の姿と言葉に心を留めて参りましょう。その時、主は私たちを希望へと導いてくださることを信じましょう。