〇聖書個所 マタイによる福音書 9章18~26節

イエスがこのようなことを話しておられると、ある指導者がそばに来て、ひれ伏して言った。「わたしの娘がたったいま死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。」そこで、イエスは立ち上がり、彼について行かれた。弟子たちも一緒だった。すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と思ったからである。イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。イエスは指導者の家に行き、笛を吹く者たちや騒いでいる群衆を御覧になって、言われた。「あちらへ行きなさい。少女は死んだのではない。眠っているのだ。」人々はイエスをあざ笑った。群衆を外に出すと、イエスは家の中に入り、少女の手をお取りになった。すると、少女は起き上がった。このうわさはその地方一帯に広まった。

 

〇宣教「あなたの信仰があなたを救った」

今日からは昨年に引き続き再びマタイによる福音書を共に読み、主イエス・キリストの福音を共に分かち合いたいと思います。今日の聖書個所は、「指導者の娘とイエスの服に触れる女」というタイトルでマタイ・マルコ・ルカの福音書にそれぞれ登場する話ですが、私たちに一番なじみがあるのは、マルコによる福音書の「ヤイロの娘と長血の女」のお話だと思います。それは次のような内容です。

「会堂長ヤイロが病気で危篤になった幼い娘を癒してほしいとイエスさまのところに来ます。ところが家に着くまでの間に、12年間の間、出血が止まらず色々な医者にかかっても治らずボロボロになっていた女性がやってきて、イエスさまの後ろから衣の裾に触ります。すると彼女はすぐに出血が止まったことを感じ癒されました。ところがイエスさまは自分の力が出ていったことを感じ、誰が自分に触ったのかということを人々に尋ね始めます。自分の身に起こったことを知って恐ろしくなった女性はイエスさまに事の顛末を話します。するとイエスさまは「あなたの信仰があなたを救った」というのです。ところがその一部始終を見ていたヤイロのところに使いがやって来て、「お嬢さんはたった今亡くなりました。もうイエスさまに来ていただく必要はありません」と告げます。しかし、イエスさまは家に行き少女に声を掛けます。「タリタクム(少女よ、起きなさい)」そうすると、その少女が起き上がった。」というお話です。

このようにマルコでは具体的に人名をあげ、またその登場人物の背景まで詳しく伝えているのですが、それに比べるとマタイのお話は、余計な情報が一切なく非常にコンパクトにまとめられています。マルコのお話と比べるとつまらない、何か共感しづらいように思えるのです。でも実はそこにマタイが伝えたい内容があります。それは「信仰が彼らを支えたこと」「信仰の持つ強さ」についてであります。

まず最初の指導者のお話ですが、なんといってもまずポイントは、娘が既に死んでいたということです。娘は死んでいた。もう癒しを求める段階ではありません。死んだ人を生き返らせてほしいという無茶な願いがイエスさまに向けられているのです。普通に考えたらあり得ません。生きているならまだしも、この指導者ちょっと取り乱し過ぎておかしくなってしまったのではないかとも思えます。

でも、そんな絶望の淵にいた彼はなおも希望を持っていました。それがイエスさまなら何とかしてくれるという信仰でした。彼らはそばに来るなりイエスさまにひれ伏してお願いしています。「私の娘がたった今死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。」いやいや、それはいくらなんでも無理だろうと周りにいた人たちは思ったでしょう。でも、イエスさまはその彼の思いを受け止め、彼の言葉に耳を傾けられるのです。

19節に「イエスは立ち上がり」とあります。それまでイエスさまは座っていたのでしょうか。もしかして、ひれ伏した彼の傍らに座り、共に立ち上がったのかもしれません。望みを捨てずにイエスさまのところに来たとしても一人ではもう立ち上がる力さえ出ないような時があります。家では既に葬式の準備が進んでいるのです。笛を吹くものや騒いでいる群衆とは葬式のために準備をしている人たちです。恐らく娘を亡くした指導者だけがイエスさまに希望を持ち続けていました。しかしそれは彼を必死に倒れないようにしているだけなのです。一人では立ち上がることは困難です。でも、そんな時イエスさまは私たちに肩を抱き、立ち上がらせてくださり、そして彼の願った通りにしてくださるのです。

この話にもう一人登場する人物は、12年の間出血が止まらずに苦しんでいた女性です。マルコでは、まさに「溺れる者は藁をもつかむ」という言葉がぴったりくるくらい、治りたい一心で色々な医者に掛かったにも関わらずかえって悪くなり、さらに財産まで使い果たしていたという女性の状況説明があります。マタイでも多分同じ病気だと思います。でも詳しい背景には触れていませんので、ここでは彼女はイエスさまにこそ望みを抱いていたかのようです。「この方の服に触れさえすれば、治してもらえる」と思ったとあります。実は「思った」という言葉はギリシャ語の聖書にはありません。「彼女は彼女自身にそのように言っていた。」つまり信じていたのです。

ところが彼女は娘を失った指導者とは異なり、面と向かってイエスさまに向き合ってお願いすることはできませんでした。立場もなく、病で汚れているとみられていた女性は誰の前にも立つことができなかったのです。でも彼女は「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と信じ、それを実行したのです。マルコの福音書では、彼女は触った瞬間癒されたことを知りました。でもマタイではそうではありませんでした。触ったとき、すぐにイエスさまが振り向いて彼女と向かい合われたのです。そして彼女を見て、彼女がありのままに何か言う前に「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った」と言われるのです。その時、彼女は癒されたのです。ここには、彼女の病の癒しだけではなく、彼女の心さえ癒されたということが分かります。聖書では血は命の源であるので、彼女の命が回復したということがあったのです。

「あなたの信仰があなたを救った。」確かにそうです。娘を亡くした指導者にせよ、病に苦しむ女性にせよ、すごい信仰を持っているように思えます。皆さんだったらどうですか?いくら親しい人であったとしても、癒してほしいと願っていたとしても、死んでしまったらもう無理だと思わないでしょうか。12年もの間病気が癒されなかったら、それを受け入れてやっていくしかないとあきらめるより他はないのではないでしょうか。むしろ癒されたいなんて願いをいつまでも持ち続けることの方が苦しそうです。残念ながら、彼らのような信仰は持つことはなかなか難しいのです。「山をも動かすほどの信仰」という言葉もありますが、そんな立派な信仰持つことができるのでしょうか。それもわかりません。

むしろ私なら、そのような状態になったら、私は神に見放されたと思いますし、信じることさえやめてしまうかもしれません。本当に救われるのであれば信じたいと思います。でも、そうならなかったとき、それは信仰が少なかったからということになるのでしょうか。いいえ、そうではありません。信仰はそこに向かうプロセスを助けるものであるのです。自分ではもう何もできないという状況でもイエスさまに求めるということが大切なのです。それは立派な信仰でなくて構わないのです。本当に指導者や女性の信仰が自分たちを救ったのでしょうか。一つの意味では、イエスさまのところに来たことはそうであったと言えるかもしれません。ぼろぼろの状態でもあきらめませんでした。もちろん、それしかできなかった、ギリギリのところだったかもしれません。でも彼らは癒されたのです。でもそれは結局のところ、自分の信仰によってではなく、イエスさまによって癒されたのです。自分自身の信仰で癒されることではなかったからです。神は乗り越えられない試練を与えないと言いますが、一人では乗り越えられない試練なんていくらでもあるのです。でも、イエス様が共におられるときに、その信仰に立つときに、私たちは苦難を乗り越え、救いを得ることができるのです。

信じるということは強さです。希望です。一方で信じるということは難しいことでもあります。信じることを困難にするものの一つが諦めです。信じていることに裏切られたりすることもあります。そうした時、心が傷付きます。心を守るために痛みを軽減するためになされるのが諦めです。恐れも信じることを困難にさせます。しかし、信じることはそもそも私たちの不安の中でなされることです。信じることは、それしかないと信じ込むことではありません。盲信することでもありません。不安の中、色々な情報がある中で、自分たち自身で吟味して選択していく道です。でも、その道を歩む時に自分自身を守るものが信仰であります。

イエスさまは、マルコ9章24節で、悪霊に取りつかれた息子を助けるために「おできになるなら助けてください。」と言った父親に対して、「できればというか、信じる者には何でもできる。」と言われました。父親だって最初は助けてください、だったと思います。子どもを思う親の気持ちは計り知れません。でもどんなに手を尽くしてもだめだった時、私たちは期待が裏切られることを恐れて、「できれば」と言ってしまうのです。でも、この父親は立派だったと思います。イエスさまの言葉を受けて、「信じます。信仰のない私をお助け下さい。」とはっきりと言ったからです。

そうは言いきれない場面があるのです。助けてくださいと求められないことがあるのです。実は私的なことになりますが、私は3日前の1月20日に女の子が誕生しました。母子ともに健康で今日後ほど退院してきます。皆さまのお祈りに本当に感謝していますが、そのお祈りは恐らく、私たちが4年前に娘を流産したこともあり、ご心配くださっていることがあったからだと思います。

あの日は2016年の11月9日でした。朝、妻がおなかが痛いと言い、大丈夫だと思うけど、一応助産院に行ってみよう的な流れで助産院に行きました。助産院でも大丈夫だろうけど、一応病院で検査を受けた方が良いだろうということで、病院に行くことを促されました。少し不安を覚えながらもまぁ大丈夫だろうと、「万が一緊急入院とかなったらどうする?」というような冗談を言い合いながら車で北区の病院に向かいました。私は子どもと待合室で遊んで待っていました。ところが受診している妻がなかなか戻ってきませんでした。看護師に呼ばれると目を真っ赤にして泣いている妻がいました。医師の説明では、もうすぐにでも生まれてきそうだ。このままだと臨月まで持たない。手術を受けて臨月まで持たせるようにするか、絶対安静で生まれてきても大丈夫な週まで様子を見るか。どちらにも危険がある。どうするかということでした。私たちは祈り相談して手術を受けることにしましたが、しかしそれはうまくいかず、その日の夜に出産ということになりました。私はパニックでした。事務局が子どもを預かってくれる人を探してくださり、車で預けに出かけました。その方のお宅で、先生一杯を飲んで行ってくださいと差し出されたお茶、味は残念ながら覚えていませんが、心が温かくなったこと、祈り支えられていることを私は忘れません。その後、病院に戻りました。北区は紅葉で彩られていたと思いますが、あまり視覚的には入ってきませんでした。病院で出産に立ち会い、生まれた子供は26センチ、336グラム。生まれた時は私の掌の上で、まだ心臓は動いていました。

今思うと、私はその時もう祈っていなかったと思います。もちろん、子どものために祈りました。妻のためにも祈りました。でも救ってください、あなたがいてくれれば生き返りますと祈っていたかと言われると、怖くて祈ることができていなかったのです。

「あなたの信仰があなたを救った。」「信じます。信仰のない私をお許しください。」私は残念ながら、この境地に立つことができませんでした。もちろんいくら祈っても自分の思い通りに行くわけではありません。物語のようにすべてが良い方向に行ったチャンチャンでは終わらないのです。でも、改めて祈ることの強さ、特にイエスさまを求めることが許されているということを私はこの箇所から感じたのです。それと共に、私たちの信仰が強いか弱いか、大きいか小さいかが問題なのではなく、イエス・キリストを信じる時に、イエス・キリストのその存在によって神はすべての歩みを支えられるということを感じるのです。実際、私や妻が願うようにはならなかったけれど、神は顧みてくださり、私たちは多くの方々の祈りによって支えられていること、たくさんの恵みを頂いているのだということを感じました。今私たちは、神が取り去られた命をも御許に迎え入れていてくださっているという希望に生かされるのです。

今日の聖書個所の前の箇所マタイ9章17節には「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れなさい。」とあります。これは私たちの教会の今年度の年間聖句でありますが、私はこのイエス・キリストの希望に生かされることが、新しいぶどう酒なのではないかと思います。私たちの古い革袋はいまや裂け、見よ、すべてが新しくなった。イエス・キリストによって私たちは歩んでいくことができるからです。「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。」とありますが、まさにそれが私たちの主イエス・キリストのうちにあるのです。信じて共に歩んでいきましょう。