〇聖書個所 マタイによる福音書 6章25-34節

「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

〇宣教「思い悩むなとは言うけれど…」

今日の聖書個所はとても有名な箇所ですので、読んで慰められたり、励まされたりした方も多くおられると思います。特に後半の部分「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」私は、この聖句を聞くと、昔子どもの頃教会学校でもらった「みことばカード」に書かれていたことを思い出します。子どもの時は「神の国と神の義」というのがどういうものかはわかりませんでしたが、幼心に神さまの存在を信じていましたので、心配しなくても神さまに祈ったら必要としているものが全て与えられるのだという風に思っておりました。もちろん願ったものが全て与えられたわけではありませんでしたが、それでも自分が生きていくに必要なものを神さまは用意してくださいました。そういうわけで子どもの時は何を食べようか何を着ようかなどとは思い悩むこともなく、ただ神さまの恵みに感謝していたわけです。

ところが成長していくうちに、そのような神さまへの感謝の心が次第に薄れ、だんだんと思い悩むことが増えていくようになりました。祈っても全てが自分の思うように上手くいくわけではなくないことに気付いたからです。思い悩む内容には色々あると思います。人間関係、仕事や勉強、健康、生活や将来への不安。また信仰生活の思い悩みもあるかもしれません。このように、あげればきりがありませんが、一般的には大きく分けて4つに分類されるそうです。①人間関係、②金銭、③健康、④将来です。私は、その内の②~④「金銭と健康と将来」はひとまとめにして「自分自身の生き方についての思い悩み」ということでまとめられると思います。そうすると、「自分自身についての思い悩み」と「他人との関係についての思い悩み」の二つに分類できます。自分自身についての思い悩みは、それぞれの人生のステージで変わっていくとも思いますが、どんなときにも私たちに尽きない悩みは、人間関係についてであるのではないでしょうか。

私は人間関係に悩みを抱えているとき、友人から「大丈夫だよ。そんなに悩む必要はないよ。」と励まされたことがあります。そのように声をかけてくれる友人の存在は大変有難いものでした。でもそう言われても「悩みそのもの」はなくなりませんでした。むしろ「じゃあどうしたら良いんだよっ!」とさらに思い悩むことになりました。イエス・キリストもまた「思い悩むな」と言われます。でも悩みですから、そんな風に言われてもそう簡単には頭から離れるものではありません。だからこそ「悩む」のです。そもそも、本当に悩まないで生きるなんて可能なのでしょうか。悩むことが無くなれば人生楽に生きられるようになるかもしれません。でも悩まないで生きる生き方が本当に幸せなのでしょうか。

確かに時に悩みは心に大きな負担となり、心を病ませることもあります。「悩み」という言葉でインターネットを検索すると、「この世は本当に病んでいる」と思うくらいたくさんの悩み事があることが分かります。またその人たちの助けになるための診療所や相談所のページが出てきます。さらにはこんな悩みにはこうしたらよいという事例を挙げたアドバイスや有名人のコメントみたいなページもゴマンと出てきます。でも、そんな参考例を見るだけでは、個別の問題は決して解決していくわけではありません。或いは問題が解決してもまた新たな悩みが出てくるということもあります。ですから、こうしたサイトが尽きることはないのでしょう。一方で最近は、「悩むことが問題なのだ」と、「悩みなんて人生の最大の無駄だ」ということさえ言う人が現れてきています。でもそうすると、悩んでいる自分が悪いのかと、さらに追い詰められているような感覚がして、さらに悩むのです。

果たして悩むことは悪いことなのでしょうか。そうではないという意見もあります。何故ならば確かに悩むことは苦しいことだけれど、その時の経験が新たな自分を作っていくというからです。これは悩むことのポジティブな一面です。自分の行動を振り返り検証することで、自分を成長させることができるのです。くよくよするということだけではなく悩むことを肯定的に捉えることもできるということでしょう。
でも、確かに悩んで良い悩みと悩まなくてよい悩みがあると思います。実は今日の「思い悩み」という言葉は、聖書では「メリムナオー」という言葉なのですが他に「心配」という言葉にも訳すことができます。「思い悩むこと」と「心配すること」は日本語では少し違う印象があると思います。調べたところによるとある人は、思い悩みとは物事に対して自分が抱える問題を表現し、心配は物事そのものに対する問題を表現するという違いがあると言っています。この定義が正しいかどうかはわかりませんが、そうだとしたら、思い悩みはその出来事に対してとった自分の行動が本当に良かったのかを考える事、心配はその出来事自体についての心配ということです。悩むべきことはあるけれども、心配してもしょうがないことはあるともいえるのかもしれません。

ちなみに、イエス・キリストが今日の箇所で思い悩まなくてよいと言っているのは、「何を食べようか」「何を飲もうか「何を着ようか」という日常生活についてであります。ですから思い悩みというよりは「心配しすぎなくてよい」と言った方が正確なのかもしれません。実はイエス・キリストはすべてのことについて「思い悩むな」と言っているのではないのです。心配すべきではないことに対して悩んではいけないということであります。

そう言いながらも、イエス・キリストは私たちが悩むべきことについては、傍らに伴って下さり、わたしたちの心の痛みを知ってくださるのです。なぜならば、イエス・キリストが福音書の中で出会われたのは、悩みの中にあった人々であるからです。私たちもまた悩みの中で「道」を求めてイエス・キリストに出会ったのではないでしょうか。悩みの中でこそ私たちは救いに至るのです。旧約聖書のコヘレトの言葉には、その著者が人生の悩みの中で最終的に神に行きつくことを証明しています。

イエス・キリストはわたしたちに何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようかという日常生活について思い悩むなと言います。そしてイエス・キリストは空の鳥と野の花の譬えを使って、あなたがたがどんなに小さく弱い存在でも神さまは必要な恵みをお与えくださると続けます。何故ならば神は小さな鳥や野の花さえ愛しておられるから、そのいのちを守ってくださるのだ。ましてあなたがたにはなおさらのことではないか。つまり神はそれ以上に大切なあなたのいのちを輝かせてくださると言います。これはとても素敵な言葉であり慰められる言葉ではあります。でもよくよく考えると、残念ながら納得できない部分もあります。
確かに鳥は種を蒔くことも刈り入れをすることもありません。それでも神さまが守ってくださるということは納得ができます。でもわたしたちは欲を持った人間です。鳥と同じものを食べていれば済むわけではありません。与えられるもの以上のものを求めてしまうのです。

確かに私たちは何を食べようかと何を飲もうかと悩むことがあります。何故ならば、私たちは東日本大震災の福島第一原発放射線事故によって、その食品が食べて大丈夫なものなのかどうかということを非常に意識するようになったからです。もっと意識の高い人であればその前から食品安全について選び取りをしていたことでしょう。27節には寿命を延ばす云々とありますが、そんな大それたことではなくても健康を守っていくためには何も考えないで食べてはいくことはできなくなっているのです。それでは、イエス・キリストはそんなことは心配いらない、大丈夫だよというのでしょうか。私は決してそうではないと思うのです。
では、イエスさまはどういうことを言おうとしておられるのか。それは、思い悩みに陥り苦しむわたしたち一人一人に寄り添い、食べ物以上にあなたの命を愛し肯定されている方がいるのだということに心を留めなさいと伝えようとしているのではないでしょうか。

野の花というのは、まさにそこらへんに勝手に咲く道端の花のことです。でもそんな花でさえ、栄華を極めたソロモンより着飾っていたというのです。ちなみにソロモン王というのは、イスラエル王国がぶっちぎりで一番安定していた時の王さまでした。どのような栄華を誇ったのかというと、20年以上の歳月をかけて神殿と王宮を作り上げるようなものでした。しかもそれを成し遂げたきっかけになったのが、神がソロモンに与えられた「世の中を公正に治めに『訴えを正しく聞き分けるための知恵』」でした。そんな人物の栄えた人生です。野の花の美しさとはくらべものにならないものであったはずです。でも、イエス・キリストはソロモンよりも野の花のすばらしさを語るのです。どういうことでしょうか。

もし可能性が一つあるとしたらこういうことではないかと思います。それは、ソロモンは結局のところ「思い悩むようになっていた」ということです。外面上は素晴らしい成果を遂げました。しかし、その結果彼は民衆に重い税金を課すようになっておりました。また外交努力を広げた結果、たくさんの外国の女性を愛することになり、自分の信じる神の姿までわからなくなってしまいました。このように考えると彼は確かに栄華を誇りました。しかしその結果、彼はむしろたくさんの思い悩みを抱えるようになってしまっていたのではないでしょうか。彼のいのちは本当に輝いていたのでしょうか。むしろそれよりは、野の花というどこにでもありふれた花のそのままの姿が尊いということをイエスさまは言おうとしているのではないでしょうか。

「神の国と神の義をまず求めなさい。」これは一言で言えば、「神の愛の内で生きていきなさい」ということだと思います。神の国とは、神の愛に満ちた国であり、私たち一人一人のいのちが満たされる場所であります。神の義とは神の正しさです。他のもので自分自身を満たそうとするのではなく、神が自分に与えてくださっているものに目を留めるということだと言えるでしょう。つまりイエス・キリストは、あなたはいちいち悩まなくて良いと言っているのです。何故ならば、空の鳥や草木をも愛しておられる神は、それ以上に尊いあなたの一つ一つの選択をも祝福してくださるに違いないからであるのです。そして神の愛の内に生きていくことを神は願っているのです。

「明日のことまで思い悩むな。」これは私たちが生きているのは明日ではない、今日である。明日のことを心配するのではなく今日、今を神と共に生きていくことが大切なのです。

私たちの心は心配や不安、様々な欲望、色々なことに誘われ揺られます。今を心配するよりも先のことばかり見てしまうことがあります。そんなとき、私たちの心は自分の小さな世界に閉じこもりがちになります。でも、そんな私と共に神がいるのです。あなたは心配しすぎることはないのだ。何故ならば、神はあなたの心と歩みをいつも祝福し守っておられるからということなのではないでしょうか。

今日はこれより、共に主の晩餐式を守ります。今、私たちに伴って下さり、平安を賜るイエス・キリストが教えられたように、今日の糧を共に分かち合って参りましょう。