〇聖書個所 マタイによる福音書 7章7-12節

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

〇宣教「求めよ!神は応えてくださる!」

今日の箇所は、聖書の中でも最もよく知られている御言葉の一つだと思います。イエス・キリストは言われます。「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」とても励まされる言葉だと思います。今私たちがたとえどんなに苦しい状況にあろうとも、神は私に求めなさいと言ってくださるからです。そして、神はまさに父親がその子どもたちに願うものを惜しまずに与えるように、私たちの父として私たちにも同じように与えてくださるとイエス・キリストは語るわけであります。私たちは時々神に願い求めることなんておこがましいと思ってしまうことがありますが、イエス・キリストは私たちには求めることが許されているのだと語るわけです。

何故神はそのようにしてくださるかというと、神にとってあなたがたは愛する子どもたちであるからだというのです。「求めたら与える」ということより、この関係性が励みになります。聖書の中でもこれほど神から人への親密な愛情を現わしている言葉は珍しいと思います。私たちの中にも、この言葉を大いに励みにしてやって来られた方々は多いでしょう。私も大好きな箇所です。この言葉については、はっきり申し上げて御言葉を解き明かして解釈する必要すらほとんどないほどストレートでシンプルに伝わってくる力があります。私たちは神に求めることができる。何故ならば私たちは神の子どもであるから。神は必ずや私たちの求めに応えてくださる。だから私たちも頑張ろうと思えるのです。

では、本当にこの言葉の通りすべて求めたものが与えられるのでしょうか。残念ながら私たちは、決していつもそうなるわけではないということを知っています。求めても与えられないことがあります。探しても見つからないこともあります。門を叩いても開かれないこともあるのです。この言葉を信じて励みにしていながらも、この事実が私たちを苦しめることがあります。私たちはこの言葉を励みにしていながらも心のどこかで信じられない、信じきれない思いがあるのです。それが私たちの痛みになります。例えば、本当に信じきれたら与えられるのかもしれないけれど、信じきれないから与えられないのではないかというように思ってしまうこともあるでしょう。自分の求め方が悪いのかと思い悩むこともあります。神はあの人の求めには応えているけれど、何故自分の求めには応えてくださらないのかという風に苦しむ経験もあります。そんな時「神はいない」ではなく、他の人や神の不公平を妬むことにもなります。あるいは、「求めなさい。そうすれば与えよう」と約束してくださっているのに、与えられないということであれば、祈り求める「内容」が良くないということでしょうかとも思ってしまいます。

私はかつて「求めなさい。そうすれば与えられる。」とありますから、「お金持ちになりたいです。神さまお金を与えてください」と本気で祈っていた時期があります。でも、もちろん空からお金が降ってくるわけではありませんでした。大金の入っているかばんを拾うこともありませんでした。聖書に書いてあるのに、そうはならないことにショックを受けました。モノは無理なんかなぁ。それじゃあモノじゃなければいいのではないか。それならばソロモン王のような知恵を与えてくださいと祈った時期もあります。でも、いきなり知恵が増し加わることもなく、これも聞かれませんでした。その結果、私は大学受験に失敗してしまいました。まさに門を叩いても開かれず、自分の思い描いていた道が閉ざされてしまう。そんな浪人生活中、新しい道を探し求めても容易には見つからなかったということも経験しています。恐らく私だけではなくて、みなさんも多かれ少なかれ、求めても与えられないことや探しても見つからないこと、門を叩いても開かれないことがあることを経験しているのではないでしょうか。

事実、「求めなさい。そうすれば与えられる。」と教えられたイエス・キリストも、自分の求めたようにはならなかったというお話があります。イエス・キリストは十字架に架けられる前、最後の晩餐を終えたあとゲッセマネの園に赴き、祈ります。「父よ、できることならこの杯を私の前から過ぎ去らせてください。しかしわたしの願い通りではなく、御心のままに」(マタイ26:39)この杯というのは、十字架で自らの血が流されることを意味していますが、ここでイエスさまは自分の願いを打ち明けています。神はその祈りにどのように応えたでしょうか。その結果はイエスさまの願い通りではなく、御心、つまり神の計画が優先されるということでした。もちろんイエスさまの言葉には御心を優先してくださいと含みがありますから、願い通りになったとも取れますが、でもイエスさまの願った「杯を取り除くこと」にはならなかったわけです。

宣教者パウロも自分の願い通りにならなかった経験を手紙の中に書き記しています。彼は自分の体のとげを取ってほしい(Ⅱコリ12:8)と祈っています。でも、彼は自分の体のとげが取り去られたわけではありませんでした。これは聖書の中でも、必ずしも私たちが求めた通りにはならないということを証明しています。神に祈り求めたら治ったというハッピーエンドばかりではないのです。

そんなお話を読むと、私たちは求めても与えられないことを知ります。また実際に願っても答えられない経験する時に失望し、次第に信じて求めるということにさえ臆病になり、そんなことが続いていくと自分の心を守るために求めること諦めてしまうことがあります。実際、この言葉こそ、非常に空虚に響くこともあるのです。

しかしそれでもイエス・キリストは「求めよ」と教えられます。これはいったい何を伝えようとしているのでしょうか。この言葉はただの慰めなのでしょうか。私はそうではないと思います。確かに結果として、与えられないことはありますし、結果として見つからないこともあります。結果として門が開かれないこともあります。でも、じゃあ結果がダメなら神はいないということにはなりません。そのプロセスの間に神は私たちと共におられるということをイエスさまは伝えようとしているのではないでしょうか。求めよと言ってくださる方が今隣におられるということに目を向けることが大切なのです。

私はかつて、今日の聖書個所を読んで与えられるものというのは、モノだとか恵みとか、結果として与えられるものにしか目が向いていませんでした。つまり私は「神を自分の願い求めるための道具」のようにしてしまっていたわけです。そして願ったことが文字通り速やかに与えられることを祈り、もし与えられたとしても、願ったそのタイミングに与えられなければ、私は神に不平を言ってしまうものでもあるのです。でも、ここが「求めれば与えよう」という言葉が語ろうとしていることは、本来はそういうことではないのでしょう。

むしろ神は、求める、探し求める、門を叩き続ける私たちに伴い、私たちがそのゴールに行きつくまで、見出すまで、門が開かれるまで共におられるということなのではないでしょうか。この祈りは「自分は何もしなくて神さま与えてください。」ではなく、むしろ祈ることによって「自分自身が励まされ、変えられ、前に進んでいくための祈り」であるのです。このように考えると、一つのパウロの言葉が響きます。Ⅰコリント10:13「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」

イエス・キリストは、つまり「求めたら与えるよ」ということを伝えようとしているのではなく、むしろ「全ての事柄の背後におられる神を信頼して歩んで行きなさい」と言われているのです。あなたは今、苦しい状況にいるかもしれない。祈り求めても結果としてすぐに状況が変わるわけではない。でも、神は必ずやあなたに伴い、あなたの求めに応えてくださる。いや、応え続けていてくださるのだ。その時、全てのことは恵みであり「良き物」になるのです。

先ほどパウロの話をしました。パウロは結果としてとげは取り去られませんでした。でも、その痛みに苦しんでいた時、神は応えられました。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ。」この言葉によってパウロは、自分自身が強くなることではなく、自分自身の弱さの中にキリストが働くことによって強くなるという道を見出しました。また、パウロが第二回宣教旅行に出かける際、彼は聖霊の差し止めによって、自分が前もって計画していた道には進むことができなくなりましたが(使徒16:7)が、彼は幻の内に新しい道を見出し、マケドニアに渡っていくことができるようになりました。

残念ながら、必ずしも私たちの祈っているように神はしてくださるわけではありません。むしろ私たちには労苦が多いわけです。なんでこんなに労苦が続くのか、神がこの世の全てを支配しておられるのなら、何故幸福ばかりにならないのかと思います。今まさに私たちはコロナによって人それぞれに危機的状況があります。私たちは日々、神さま助けてください、神さま守ってください。一刻も早く感染収束に至るようにと祈っています。でも、祈ったあと直ちに救いが起きるわけではありません。そういう意味ではこれは今日の聖書個所と相反するように聞こえるかもしれません。でも、私たちには、伴い行かれる神がおられることを今日の箇所で示されているのです。そして神の存在は、その出来事のただ中で私たちを新しい道に導きます。

先ほど私の大学受験失敗の話と、浪人中のことをお話ししました。門が閉ざされ、新しい道を見いだせなかった私を改めて導いてくださったのもやはり神の存在でありました。私は、挫折を通して、神は私の祈りに応えてくださらなかったと思いました。私はこう祈っていました。「神さま、私は神さまのために生きていきたいと思います。だから神様が思う最善の道に導いてください。」でも、その道は与えられませんでした。その祈りが変えられました。「神さまが思う最善の道というものは、私に決められた一つのフォームがあるのではなく、私が祈りつつ立ち止まりつつも自分が信じて歩んだ道を神は祝福してくださるのだ。」このような御言葉との出会いの中で、私は再び立ち上がる力を得たのです。

聖書の中でイエス・キリストのこの言葉を聞いていた民衆は、もしかして、イエス・キリストの元に来たら何かもらえるかもしれないと思ってきた方々であったのかもしれません。でも、イエス・キリストはこの言葉を通して、苦しい状況はあるかもしれないけれど、共に生きていこう。神の恵みを共に分かち合って生きていこうと招いておられるのではないかと思います。私たちがその恵みを分かち合う時、まさに持っていない方々に対してはそれが奇跡となるわけです。

「これこそ律法と預言者である。」このように言うと仰々しく思いますが、ごく単純に言うのであれば、律法が言おうとしていること、また預言者が語ってきた神の言葉とは、そのようにあなたがたの間で守られ、なされていくことであるということであるのかもしれません。

「あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」
(マタイ6:32-33)

共に神の国と神の義の実現を祈り求めて参りましょう。