本日、会堂での祈祷会は休止です。それぞれの場所で祈りの時をお守りください。
それぞれの心の平安のために、宣教をお読みいただければ幸いです。

宣教題:「イエスさまの食卓に招かれて」【西脇慎一】

【聖書個所】

「その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現された。その次第はこうである。シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子が一緒にいた。シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」と言うと、彼らは、「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。ほかの弟子たちは魚のかかった網を引いて、舟で戻って来た。陸から二百ペキスばかりしか離れていなかったのである。さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。イエスが、「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われた。シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。それほど多くとれたのに、網は破れていなかった。イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われた。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。イエスは来て、パンを取って弟子たちに与えられた。魚も同じようにされた。イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現れたのは、これでもう三度目である。」(ヨハネによる福音書21:1-14 新共同訳)

 

〇メッセージ

今日の聖書個所は、実はヨハネ福音書が20章で完結した後に補遺として加えられた部分です。ヨハネ20:30-31には「本書の目的」という小見出しがあって、ヨハネ福音書が完結したことを示しています。それでは今日の部分に意味はないのかと言うとそういうことではありません。21章には弟子たちの歩みが再び始まっていくための大切な出会いの出来事が記されているのです。
14節に書かれているように、この時点で弟子たちはイエスさまの復活を知っており、復活のイエスさまとの出会いはもうすでに3度目になっています。ところが彼らは復活の喜びに満たされているどころか口数少なく黙々と漁をしているように思えます。「見ないで信じる者は幸いである」(20:29)と言われながら「見ても信じられない弟子たち」の姿が現されているかのようです。ここには復活のイエスさまの喜びによって力強く福音宣教に出かけていく頼もしい弟子たちの姿はまったく見えてきません。むしろ悲しみに満ち、道に迷い、自分自身の原点に戻ることしかできなかった弟子たちの姿が見えるようです。恐らく彼らはイエスさまの復活を自分自身の事柄とは考えられなかったのでしょう。しかし、そんな彼らに再び出会われ、食事を差し出し、命の光を回復させていったのがイエス・キリストの存在であるのです。つまり、イエスは自らを三度も否認した弟子たちに三度も現れ、三度も自分に「わたしの羊を飼いなさい」と招き、再び立ち上がらせてくださるお方であるのです。

弟子たちは、ティベリアス湖に戻り漁をしていたことは、彼らが自分の原点に戻っていたことが分かります。人は自らの歩みの土台を見失った時、自分が一番安定していた時に戻りたがるからです。彼らは腕利きの漁師たちでしたから漁師に戻っていたのです。ところがその日、彼らは夜通し漁をしても何も釣ることができませんでした。魚釣りをしたことのある人は、夜頑張っても釣れないことがあることを知っていると思います。でも問題は彼らがプロであったのにも関わらず一匹も取れなかったということです。勘が鈍ったのか、それとも何か手順を間違えたのか。プロならあり得ない失態です。経済へも大打撃です。自分のプライドもズタズタになるような事態に彼らは口数さえ少なくなったのでしょう。

そこにイエスさまが現れました。「子たちよ、何か食べる物はありませんか。」彼らは、どんな気持ちで「ありません」と答えたでしょうか。そしてイエスさまから「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」と言われたとき、どう思ったでしょうか。

もしかしてペトロは「昔似たようなことあったなぁ」と以前のイエスさまとの出会いを思い返していたかもしれません。「先生、わたしたちは夜通し苦労しましたが、何も取れませんでした。しかし、お言葉ですから網を降ろしてみましょう。」(ルカ5:5)そしてこの言葉に聞き従った時、ペトロは驚くべき大漁に恵まれたことを思い出してニヤッとしたかもしれません。

そして、今度もその言葉に聞き従ってみました。そうしたらその時はまだその声の主がイエスさまだとは確認していなかったにも関わらず、同じような出来事が起きたのです。ペトロはそこにいるのがイエスさまだと気づき、服を着て湖に飛び込み、イエスさまに出会ったのです。

陸に上がったとき、イエスさまは既に魚とパンを用意して待っておられました。意気消沈した彼らの心を慰め、体を元気づけるためにイエスさまが来られたのです。そして彼らとの対話を始められるのです。

 

この物語から知ることはできるのは、まずは弟子たちにできることは何かということです。弟子たちは自分たちの腕を頼りに漁をしました。でもそれは空を打つようなものでした。でも、イエスさまの声に聴き従った時に、彼らは恵みを得ました。つまり、わたしたちは自分たちの判断で色々なことを行いますが、最も大切なことはイエスさまの言葉に耳を傾け歩んで行くということなのです。でも、なかなかそれができないこともあります。信じられない時もあるのです。でもそんな時、弟子たちがどこに行ったとしても、イエスさまは彼らに会いに行かれて、彼らの心と体を守り支えられるのです。信じることができない私たちのところにもイエスさまは来てくださり、優しく招いてくださっている。ここからイエスさまの復活の命の現実が始まっていくということに心を留めたいと思います。

「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」(ヨハネ16:33)