2018年イースター写真

キリスト教会では、イースター(復活日)の前の40日を受難節(レント)として守ります。
イエス・キリストが受難に遭われるまでに私たちへの情熱的な愛を貫いてくださった。このパッションを改めて受け止めて、神に与えられたいのちを感謝して喜びたいと思います。
毎週の日曜礼拝(10:30am~)以外に、受難週祈祷会(3/30 14:00~、19:00~)また4月1日(日)のイースター礼拝にどうぞお越しください。

2月14日 灰の水曜日(レント開始)
2月18日 「わたしの家は、すべての国の人の祈りの家である。」(マルコ11:15-19)
2月25日 「たとえ裏切られようとも愛しぬくイエスさま」(ヨハネ13:1-15)
3月 4日 「最後の晩餐~すべての罪の赦しのために」(マタイ26:17-30)
3月11日 「神の沈黙の中での祈り」(マルコ14:32-42)
3月18日 「バラバの救い~群衆の扇動」(マルコ15:1-15)
3月25日 「本当に、この人は神の子だった」(マルコ15:25-41)

3月30日(金) 「キリストの受難を覚えての黙想~イエス・キリストの生涯をたどって~」

4月 1日(日) 「迷い出た小さな羊を救う神」(マタイ18:10-14)

※ 宣教題と聖書個所は変更する可能性があります。